ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

e-learning(C I T I - Japan)について

C I T I - Japan e-learning

受講の際のご注意

C I T I - Japanにログインされますと、画面には複数の受講コースが表示されますので、
【2018年 臨床試験登録医コース】をご選択いただき、受講してください。(下記画像参照)
お間違いの無いよう、ご注意ください。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
C I T I - Japanの受講申込書をダウンロードし、臨床研究支援センターまでお送りください。
発行されたアカウントが自動メールで配信されますので、ログインしていただき、下記の単元を受講してください。

≪01:責任ある研究行為:基盤編(R C R)≫

1 責任ある研究行為について
2 研究における不正行為
3 データの扱い
4 共同研究のルール
5 利益相反
6 オーサーシップ
7 盗用
8 社会への情報発信
9 ピア・レビュー
10 メンタリング
11 公的研究資金の取り扱い(R C R/理工系と共有)    

≪02:人を対象とした研究:基盤編(H S R)≫

1 生命倫理学の歴史と原則、そしてルール作りへ
2 研究倫理審査委員会による審査
3 研究における個人に関わる情報の取り扱い
4 人を対象としたゲノム・遺伝子解析研究
5 研究で生じる集団の被害
6 研究におけるインフォームド・コンセント
7 特別な配慮を要する研究対象者
8 カルテ等の診療記録を用いた研究
9 生命医科学研究者のための社会科学・行動科学
10 国際研究
11 多能性幹細胞研究の倫理I・I I
12 研究倫理審査委員会の委員に就任する際に知っておくべきこと

≪03:G C P/治験≫

1 新薬開発の概要
2 治験のプロセスと法規制
3 治験責任医師・治験分担医師の責務
4 治験薬の管理およびインフォームド・コンセント
5 有害事象の発見と評価
6 重篤有害事象の報告
7 モニタリング、監査および調査
8 I C Hの概要およびI C H-G C PとG C P省令/F D A規制の相違点
9 医師主導治験
10 医療機器治験

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)