ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部情報社会学科 > 更新情報 > お知らせ > 情報社会学科:就職活動の面接対策 自分に合う色を探る「パーソナルカラー講座」を開催

本文


情報社会学科:就職活動の面接対策 自分に合う色を探る「パーソナルカラー講座」を開催

2月25日、文学部情報社会学科の江藤智佐子ゼミで、就職活動を開始する3年生への就職・キャリア支援の一環として、イメージ・カラーコンサルタントとして活躍されている有限会社カラープラネット代表の立花奈緒美様を講師に、パーソナルカラー講座をオンライン開催しました。

授業の様子

昨今の就職面接はコロナ禍でオンライン化が進み、画面をとおしていかに自分を表現できるかが求められます。その際に与える第一印象は非常に重要で、個々に合った色の背景、化粧や服装などにより、印象は大きく変わります。

色のタイプは春・夏・秋・冬の4つに分けることができ、自身に合う色を身につけることで、より明るく、健康的で肌の色つやのよい印象を与え、目力が強くなるなどの効果があるとされています。

講座では、立花先生から一人ひとりのなりたいイメージや、似合う色を診断してもらいました。さらにオンライン面接での表情のつくり方、撮影のコツなど個別指導で多くのアドバイスをいただきました。

授業の様子

講座を受けた学生からは「アドバイスどおりにして、画面越しでも印象が良い方へと変わることが確認できた。相手に与える印象の大切さがよく分かった。」「自分に似合うカラーだけではなく、照明なども大事なことを知ることができた。、自分では明るいと思っていても相手からは暗く見えていることを客観視できた。今後の面接に役立てていきたい。」といった声が聞かれ、講座スタート時よりも笑顔が格段に増え、全員の印象が明るく変化していました。

本学の就職・キャリア支援はこちら