ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部情報社会学科 > 更新情報 > お知らせ > 学生が取材・執筆した冊子『筑後和菓子探訪』が完成(文学部情報社会学科)

本文


学生が取材・執筆した冊子『筑後和菓子探訪』が完成(文学部情報社会学科)

文学部情報社会学科の「活字メディア実習演習2」を受講した学生が取材・執筆した冊子『筑後和菓子探訪』が完成しました。

完成した冊子

この講座は、本学が連携協定を結んでいる西日本新聞社が寄附講座として開講しているもので、地域の話題や人物を発掘し、取材して、1冊の冊子を作ることを目的にしています。35年間の新聞記者としての実務経験がある藤田 中先生による監修・指導のもと制作されました。

冊子のテーマは「和菓子」。筑後地方には、筑後の豊かな風土が育んできた銘菓がたくさんあります。冊子では、学生一押しの和菓子をリストアップし、実際にお店を訪ね、その銘菓の味や製法、歴史、お菓子に込めた思いなどを取材し、文章と写真で紹介しています。

 自分のページを確認する学生 振り返っての感想を話す学生
(左)自分のページをチェック (右)取材を振り返って感想を話す学生

御礼状1 御礼状2
完成した冊子を送るために取材先に御礼状を書く学生たち

完成した冊子を手に、学生たちは「アポイントを取ることも、取材をすることも初めてで緊張したが、店主が気さくな方で、いろいろな話をしてくださったので楽しかった」「店主の和菓子に対する思いをどう表現したら伝わるか、文章にするのが難しかった」「お店のHPに載っていない情報を聞き出すために質問内容を工夫した」「しっかりと取材できたと思っていたが、文章を書き始めたらいろいろな質問が浮かんできて、事前準備がいかに大切かが分かった」など感想を述べました。

藤田先生は「取材は、自分が想定していたシナリオ通りにはいかないもの。場数を踏んでいくことで、機転を利かせたり、相手のいい部分をうまく引き出していけるようになる。完成した冊子をぜひ家族や友だちにも見せてほしい。大いに自慢できるいい本に仕上がった」と学生たちを労いました。

冊子を制作した学生と藤田先生
『筑後和菓子探訪』を制作した学生と藤田先生(2列目左)