ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


国際文化学科 カリキュラム

カリキュラム

4年間の流れ

英語コミュニケーション専攻

英語コミュニケーション専攻は、英語のスキルを多角的に伸ばせるカリキュラムのもとで、英米の文学、文化、言語に対する深い知識、コミュニケーション能力を修得し、真の国際人として活躍できる人材を育てることを目的としています。

重箱の隅を突くような従来型の学問ではなく、学際的な幅広い教養を身に付け、複雑化した現代社会の諸問題に対処できることが大切になってきています。従って、教員たちが一丸となって入学から卒業まで学生たちのためにきめ細かい指導に当たります。

 
区分専門教育科目
必修科目

基礎英文法I/II, 英語基礎演習I/II,
演習I/II/III/IV, 卒業論文

基礎科目群

コミュニカティブ・イングリッシュI/II/III/IV



選択必修科目

異文化間コミュニケーション論, 社会言語学I/II
対人コミュニケーション論, 英語学概論
言語学I/II, 英語史, TOEIC対策I~VI
英語意味論, コミュニカティブ・グラマー
英語語用論, 海外実践研修I/II, 英文法論
ヨーロッパ文化論, 日英対照言語学
イギリス文学概論, 情報英語
アメリカ文学概論, 英語表現法
イギリス文学作品研究I/II, 新聞英語
アメリカ文学作品研究I/II, 放送英語
英米児童文学作品研究I/II, 英語音声学(理論)
英語圏文学作品研究I/II, 英語音声学(実践)
イギリス文化I/II, 英語通訳入門
アメリカ文化I/II, 英語翻訳論
英語圏文化I/II, 観光英語
英語表現と日本文化I/II, 航空英語 他

 

国際文化専攻

2008年度より「日本語日本文化研究」「地域の歴史と文化研究」「文化交流研究」の3科目群を擁する国際文化専攻に再編成しました。

「日本語日本文化研究」では郷土の文化をはじめとする日本の言語・文学・歴史を学んで自己理解を深め、「地域の歴史と文化研究」では東アジアとヨーロッパの各地域における歴史と文化を探ることによって他者理解を深めます。

日本文化の諸相を国際環境のなかで理解するためには比較史・交流史の視点も必要となるでしょう。その学びのために「文化交流研究」という科目群があります。このほか、日本語教師の養成をはじめ、広く国際社会で活躍できるコミュニケーション能力を高めるためのカリキュラムを整えています。

 
区分専門教育科目
必修科目

国際文化基礎演習I/II, 異文化体験実習I,
演習I/II/III/IV, 卒業論文

選択必修科目基礎科目群

日本文化論, 九州文化論, 東アジア文化論,
ヨーロッパ文化論, イスラム文化論,
基礎英文法I/II 他

日本語・日本文化
研究科目群
日本語史I/II, 日本語学概論I/II,
日本語表現法I/II, 日本文学概論I/II,
日本古典文学I/II, 日本近代文学I/II,
日本史学概論I/II, 日本考古学I/II,
日本古代史I/II, 日本近代史I/II,
古文書学入門I/II  他
地域の歴史と文化
研究科目群

中国古典文化I/II, 中国史学概論I/II,
中国文化史I/II, 中国文学史, 中国現代文化I/II,
漢文入門I/II, 朝鮮史I/II, イスラム文化史
ヨーロッパ史I/II, ヨーロッパ近現代史/II,
ドイツ文化I/II, フランス文化I/II  他

文化交流
研究科目群
人文地理学概論I/II, 自然地理学概論I/II,
自然地理学概論I/II,
日朝関係史, 日中交流論I/II, 国際交流論I/II 他