ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


国家資格「公認心理師」について

国家資格 「公認心理師」 について

久留米大学文学部心理学科、および大学院心理学研究科では、公認心理師の受験資格取得が可能となる教育体制を整備しました。

 

□  公認心理師の受験資格を得るためには、次の2つの方法があります

 (1) 学部で 必要な科目 を修めて卒業 + 一定期間の実務経験
 (2) 学部で 必要な科目 を修めて卒業 + 大学院で 必要な科目 を修めて課程を修了

 

□  特例措置
  ~施行前に入学される方(2016年度入学者を含む)、現在在籍中の学生、卒業・修了した方~

施行後5年間は、施行前に入学・卒業・修了された方を対象とした、特例措置があります。
特例措置の規定に該当すれば、公認心理師の試験を受けることができます。


 

公認心理師(2017年度以前入学生適用)について

[資格をとるために必要科目・単位]

 2017年度以前に入学した者で、公認心理師受験資格を取得しようとする人は、学部では次の要件を満たせばよい。 

 なお、読み替え可能科目が複数ある場合は、いずれか1科目でよい。

 

I(2~6)から3科目以上
II(7~13)から4科目以上
III(14,15,24,25)から2科目以上
IV(16~20)から2科目以上
V(21または22)から1科目以上
合計12科目以上

 

領域 省令で定める科目2019年度以前の科目名および読み替え可能科目
 1公認心理師の職責なし
I2心理学概論心理学I、心理学II
3臨床心理学概論臨床心理学(またはI・II)
4心理学研究法心理学研究法
5心理学統計法心理統計学(またはI・II)、実験計画法、統計解析
6心理学実験心理学実験I、心理学実験II
II7知覚・認知心理学知覚心理学I、知覚心理学II、認知心理学I
8学習・言語心理学認知心理学II
9感情・人格心理学感情・人格心理学
10神経・生理心理学生理心理学
11社会・集団・家族心理学家族心理学(またはI・II)、社会心理学I
12発達心理学発達心理学I、発達心理学II
13障害者・障害児心理学知的障害者の心理、障害者教育学概論、障害者教育論
重複・LD等障害教育概論、病弱者教育概論
III14心理的アセスメント心理アセスメント、心理アセスメント実習
15心理学的支援法心理相談、カウンセリング心理学(またはI・II)
異常心理学
IV16健康・医療心理学健康心理学(またはI・II)、医療心理学
17福祉心理学福祉心理学(またはI・II)
18教育・学校心理学教育心理学I、教育心理学II
19司法・犯罪心理学犯罪心理学 (a) (b) (c)
20産業・組織心理学社会心理学II
V21人体の構造と機能および疾病人体の構造と機能および疾病
22精神疾患とその治療精神医学、心身医学
 23関係行政論なし
III24心理演習臨床心理学実習(またはI・II)
25心理実習(80時間以上)心理インターンシップ(またはI・II)

 

なお、 公認心理師法 につきましては、法令等で全文が閲覧できますので、ご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)