ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文


社会福祉学科で取得できる資格と主な就職先

社会福祉学科で取得できる資格と主な就職先

 社会福祉学科で取得できる資格と主な就職先を詳しくお知りになりたい方はこちらをご確認ください。
社会福祉学科で取得できる資格と主な就職先 (PDFファイル)(565KB)

 社会福祉学科で取得できる資格には次のようなものがあります。
【主な資格】
1.社会福祉士
2.精神保健福祉士
 ※1と2は4年次に国家試験受験(試験:2月上旬、合格発表:3月中旬)
3.社会福祉主事任用資格
4.児童福祉司任用資格
5.身体障害者福祉司任用資格
6.知的障害者福祉司任用資格
 ※3~6は卒業と同時に取得

 主な資格以外にも以下の資格を取得することができます
【その他の取得可能な資格】
1.高等学校教諭免許(福祉・公民)
2.中学校教諭免許(社会)
3.小学校教諭免許
 ※中・高いずれかの教職課程+通信課程併修で取得
4.図書館司書教諭免許
 ※卒業後に司書教諭講習受講
5.日本語教育学課程修了証(副専攻)
6.図書館司書
7.博物館学芸員
 ※1~7は所定科目の選択、または通信課程の併修により取得可能
8.生きがい情報士(在学中に検定試験受験)
9.ファイナンシャル・プランナー(在学中に検定試験受験)
10.ビジネス実務法務検定試験(在学中に検定試験受験)
11. 保育士(2年以上在学して62単位以上習得していれば受験可能)
12.住環境コーディネーター2,3級
13. 介護職員初任者研修(ホームヘルパー)
 ※8~13については資格取得のためのサポートをしています。

 そして、社会福祉学科で「社会福祉」を学ぶことによって、将来次のような場所で活躍することができます。ここでは各領域と就職先、そして社会福祉学科で「夢」や「目標」を叶えた学生や卒業生の声を随時紹介していきます。

【子ども・障害児家庭福祉】
○地方自治体
○乳児院
○小・中学校、高等学校(スクールソーシャルワーカー)
○教育委員会
○児童養護施設(ファミリーソーシャルワーカー)
○児童相談所
○児童発達支援センター
○放課後等児童デイサービスセンター 等

【障害者福祉】
○地方自治体
○障害者支援施設
○相談支援事業所
○就労移行支援事業
○障害者就業生活支援センター
○就労継続支援事業(A型・B型)
○独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
○ハローワーク      等

【精神保健福祉】
○地方自治体
○精神科病院
○心療内科クリニック
○精神保健福祉センター
○地域活動支援センター
○訪問看護ステーション
○保健所
○ハローワーク      等

【医療保健福祉】
○国立病院
○地方自治体病院
○民間病院  等

【地域福祉】
○地方自治体
○社会福祉協議会
○民間企業(医療、福祉、教育等)
○NPO          等

【高齢者福祉】
○地方自治体
○老人デイサービスセンター
○特別養護老人ホーム
○介護老人保健施設
○認知症高齢者グループホーム
○地域包括センター    等

【司法福祉】
○家庭裁判所(家庭裁判所調査官)
○保護観察所(社会復帰調整官)
○矯正施設(法務教官)
○地域生活定着支援センター
○民間更生保護施設    等

 社会福祉学科では毎年多くの学生が上記領域に就職しています。卒業生の活躍のページもあわせてご覧ください。http://www.kurume-u.ac.jp/site/b-dsw/fukushi-obog.html

 

 


 


  

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)