ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 在学生の方へ > 教務情報 > 文系学部教務情報 > 授業・履修関係 > 日本語教育学(副専攻)課程(文系学部)

日本語教育学(副専攻)課程(文系学部)

(1)日本語教育学課程は、外国人に日本語を教える教員を養成しようとするものです。

(2)日本語教員になるために、国や自治体などの公的機関による資格認定の制度はありません。しかし、一般的に以下の三つの条件のうち、一つ以上を満たすことが求められます。本学では副専攻課程を修了することにより、その条件を満たすことができます。
  1.主専攻または副専攻で日本語教育学を修めること
  2.日本語教師養成講座(日本語教育振興協会)で420時間の講義を修了すること
  3.日本語教育能力検定試験(日本国際教育支援協会)に合格すること

(3)修了後の進路として、国内あるいはアジア諸国を中心とした海外の日本語教育機関で教えるという道があります。また、本学の大学院比較文化研究科専修文化コース(日本語教育学専攻)において、より深い専門知識を修得することも可能です。

(4)日本語教育学課程の単位修得要領は各学部(文・人・法・経・商)によって異なります。開講科目表を参照して下さい。ただし、第二言語として日本語を教える上で必要な理論と技術を学んでいただくために「日本語教育概論I・I I」「日本語教授法I・I I」「日本語教育実習」は必修とし、実習は本学留学生を対象に行います。また、必修ではありませんが、日本語教員に有用な「言語学I・I I」「※社会言語学I・I I」など言語一般に関する科目や「日本語音声学」「日本語文法論」など日本語に関する科目の履修を勧めます。
※社会言語学I・I Iは、平成29年度人間健康学部では開講されません。

(5)必修科目の履修要件として、「日本語教育概論I・I I」は「日本語教授法I・I I」の前に、「日本語教授法I・I I」は「日本語教育実習」の前に修得しておく必要があります。また、Iより先にI Iは履修できませんので、注意して下さい。

(6)日本語教育を実践するために必要な知識と経験を深めるために、学内留学生との交流事業や「留学生支援タイム」等のボランティア活動、留学生対象の日本語クラスへ積極的に参加して下さい。


注:課程履修料は10,000円となります。その内訳は下記の通りです。
◎「日本語教育概論I・I I(2017年度以降入学生)」、「日本語教授法I・I I(2014年度~2016年度入学生)」:5,000円(履修登録時に納入して下さい)
◎「日本語教育実習」:5,000円(履修登録時に納入して下さい)

 

日本語教育学(副専攻)課程の開講科目表については、以下をクリックしてください。
 

日本語教育学副専攻課程

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)