ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2015年度 > ハイブリッドトレーニングシステムが宇宙飛行士の筋肉萎縮予防に効果を発揮

ハイブリッドトレーニングシステムが宇宙飛行士の筋肉萎縮予防に効果を発揮

 

 本学医学部整形外科学講座・志波直人教授らの研究グループが開発した「ハイブリッドトレーニングシステム」を用いた宇宙飛行士の筋肉萎縮予防に関する研究論文が、8月21日(米国東部標準時間午後2時)、米科学誌「PLOS ONE」の電子版に掲載されました。


 本研究は、2009年度国際公募国際宇宙ステーション利用研究に採択され、2014年4月に国際宇宙ステーションにおいて実施されたものです。


 宇宙飛行士一人の片腕にハイブリッドトレーニングシステムを装着し、1か月間トレーニングを実施したところ、宇宙ステーション内でも安全かつ容易にシステムを使用でき、なおかつ筋肉や骨の委縮を予防できることが示唆される結果となりました。


 今後、研究を進めることで、微小重力空間での健康管理方法やシステムのさらなる開発が期待されます。

 

◆ JAXAの機関誌で「ハイブリッドトレーニング」が紹介されました!(2014年10月7日)

◆ 国際宇宙ステーションでハイブリッドトレーニングシステムを利用した実験を開始(2014年04月8日)