ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2016年度 > 認定看護師教育課程の入学式を挙行

認定看護師教育課程の入学式を挙行

平成28年6月1日(水曜日)、本学認定看護師教育課程の入学式が挙行され、「がん化学療法看護」「緩和ケア」「がん放射線療法看護」分野の67名が入学しました。


式では、入学生の紹介が行われた後、三橋睦子認定看護師教育センター長が「これから6か月間の研修は、若かった頃の学習や実習とはことなり、更に高度な質を求められる厳しいものになります。その厳しさが、その後多くの実を結ぶものと確信しています。」と式辞を述べました。


また、学長告辞、大学病院長および福岡県看護協会長祝辞に続き、新入生代表の市来博美さん(がん化学療法看護分野)が「同じ目標を持った、がん放射線療法看護分野、そして緩和ケア分野の仲間達と共に、それぞれの専門性を生かして意見交換を行い、切磋琢磨し、また、看護師としてだけではなく、ひとりの人間としても成長していきたいと思います。」と宣誓しました。


67名は今後、半年間の教育課程を学び、修了後の翌年5月に実施される認定看護師認定審査にむけて学修を続け、それぞれの分野での認定看護師を目指します。


三橋センター長の式辞入学生代表の宣誓

集合写真