ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2016年度 > 内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」導入について

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」導入について

ダヴィンチで外科手術は新たな時代へ

久留米大学病院では、2016年6月下旬から、ダヴィンチ(内視鏡手術支援ロボット)による前立腺がんの手術を開始します。
米国で開発されたダヴィンチは、操縦席に座った医師(術者)がモニター内の鮮明に拡大された3D画像を見ながら手元のコントローラで、患者さんに設置された内視鏡、メス、鉗子などのついた4本のロボットアームを遠隔操作し、手術を行う内視鏡手術支援ロボットです。
特長としては、手ぶれがなく、精密な操作が可能で、その動きの自由度は人間の手以上のものがあります。腹腔鏡手術と同様に切開部が小さく、傷跡や出血量も最小限に抑えられ、術後の早期回復、入院期間の短縮にも繋がるなど患者さんの体への負担も少ない低侵襲手術が可能であり、近年、我が国でも急速に普及しています。

ダヴィンチを用いた保険適応となる手術は、2016年4月1日現在、前立腺悪性腫瘍手術(2012年4月~)と腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(2016年4月~)ですが、今後婦人科領域手術や腹部外科領域手術等へと保険適応がさらに拡大することが見込まれています。

このたび、久留米大学病院で導入した福岡県南部では初めてとなる最新機種であるダヴィンチXiは、従来機種のダヴィンチSまたはSiと比較し、さらなる手術操作の安全性、作業効率向上のために多くの改良と工夫がなされており、その機能発揮が期待されています。また将来的な多領域の手術にも柔軟な対応が可能です。

患者さんにとって、より一層の安心・安全で高度な医療の提供を目指します。ダヴィンチ

 

ダヴィンチの詳細についてはこちら (PDFファイル)(924KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)