ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2016年度 > ミトコンドリア病と特定できる画期的な診断方法を発見・開発

ミトコンドリア病と特定できる画期的な診断方法を発見・開発

久留米大学医学部小児科学講座と東京都健康長寿医療センターの共同研究グループは、早期にミトコンドリア病と特定できる画期的な診断バイオマーカー「GDF15」を発見・開発しました。
これにより、不要な検査を繰り返す必要がなくなるため、早期治療に道が開かれることになります。

その研究成果は10月20日に専門誌のNature Reviews Disease Primers(オンライン版)に掲載されました。

ミトコンドリア病は、ヒトが生きるために必須のATP合成が十分できないことで、種々の臓器の症状(精神・運動発達遅滞や知的退行、心不全や腎不全、難聴や糖尿病)を引き起こす病気です。
対象患者数は国内で約2000人、世界で約50万人とされます。
臨床的には、発症年齢や症状、重症度もさまざまで、決定的な検査方法がなく、患者は不要な検査を繰り返すことになります。
診断するまでに長い時間を要し、結果的に有効な治療法のタイミングも遅れ、病気が進行するという深刻な問題がありました。

「GDF15」は、病気を特定できる感度・特異度が98%とほぼ100%に近く、従来型よりも20ポイントも高い世界で最も有用なミトコンドリア病の診断バイオマーカーです。
病気の重症度、ひいては薬効評価にも有用であることが示され、本症診断の世界的な標準検査法となります。
ミトコンドリア病と特定するための有用な診断バイオマーカーの開発は、世界のミトコンドリア病の臨床研究者の悲願であり、今後、世界中のミトコンドリア病の早期診断・早期治療が期待されます。

本件は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業で採択されている研究により得られた成果です。

 

図1(PDFファイル)(180KB)

図1グラフ

 

図2(PDFファイル)(452KB)

図1アルゴリズム

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)