ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 炎症性腸疾患(IBD)市民公開講座のご案内【6月25日開催】

炎症性腸疾患(IBD)市民公開講座のご案内【6月25日開催】

久留米大学病院 炎症性腸疾患(IBD)センターでは、下記のとおり市民公開講座を開催します。

潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis; UC)と クローン病(Crohn’s disease; CD)からなる炎症性腸疾患は、 厚生労働省から共に「難病」に指定されており、近年発病率の上昇とともに患者総数は急激に増加しています。

当公開講座では、本学医師による講演のほか、看護師や栄養士などによる相談コーナーも設けます。

みなさま、ぜひご参加ください。

 

日時平成29年6月25日(日曜日) 13時30分~16時30分
炎症性腸疾患 市民公開講座
場所久留米シティプラザ 5階 大会議室
プログラム【第1部】 13時30分~15時30分

1. 講演「IBDについて知ってほしいこと」
   光山慶一(内科学講座消化器内科部門・炎症性腸疾患センター 教授)

2. パネルディスカッション「IBD治療を取りまく環境について」

3. 行政説明:指定難病申請などについて

【第2部】 15時40分~16時30分

相談コーナー(希望者のみ)

定員先着100名
申し込み不要(直接、会場にお越しください)
参加費無料
主催久留米大学病院 炎症性腸疾患(IBD)センター
後援久留米市・朝日新聞社・西日本新聞社・毎日新聞社・読売新聞西部本社
問い合わせ先

久留米大学病院 栄養部

 TEL:0942-31-7606

ポスター画像ポスターを大きく表示 (PDFファイル)(179KB)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)