ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く!作用メカニズムを世界で初めて解明【共同発表】

骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く!作用メカニズムを世界で初めて解明【共同発表】

岡山大学自然生命科学研究支援センターの加藤百合特任助教、宮地孝明准教授と大学院医歯薬学総合研究科、松本歯科大学、久留米大学、東北大学、九州大学、東京農業大学、味の素株式会社の共同研究グループは、骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が分泌小胞内にATPを運ぶ輸送体(VNUT)を阻害することで、神経因性疼痛(とうつう)や炎症性疼痛、さらには慢性炎症を改善できることを世界で初めて突き止めました。

本研究成果は7月18日米国時間:正午、『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』電子版に掲載されました。

慢性疼痛の罹患者は世界の人口の20-25%であると言われていますが、副作用の少ない効果的な鎮痛薬は開発されていません。

本研究成果により、輸送体を標的とした全く新しいタイプの鎮痛薬・抗炎症薬を提案することができました。

また、クロドロン酸は欧米では既承認医薬品であるため、ヒトでの安全性も実証されています。

ドラッグリポジショニングにより、開発期間の短縮・開発コストの軽減等が可能になり、より早く研究成果が社会還元できると期待されます。

なお、本学からは内科学講座内分泌代謝内科部門の野村政壽教授が本研究に参加しています。

 

詳細

論文名:Identification of a vesicular ATP release inhibitor for the treatment of neuropathic and inflammatory pain

掲載誌:Proceedings of the National Academy of Sciences of United States of America

著者:Yuri Kato, Miki Hiasa, Reiko Ichikawa, Nao Hasuzawa, Atsushi Kadowaki, Ken Iwatsuki, Kazuhiro Shima, Yasuo Endo, Yoshiro Kitahara, Tsuyoshi Inoue, Masatoshi Nomura, Hiroshi Omote, Yoshinori Moriyama, Takaaki Miyaji.

 

骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く!作用メカニズムを世界で初めて解明 (PDFファイル)(752KB)

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)