ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 本学卒業の日本医師会会長 横倉義武氏が世界医師会会長に就任

本学卒業の日本医師会会長 横倉義武氏が世界医師会会長に就任

本学医学部卒業で日本医師会会長の横倉義武氏が、米シカゴで開催された世界医師会(World Medical Association:WMA)総会において、第68代の世界医師会会長に就任されました。

横倉氏は本学医学部第14回卒業生で、2012年に日本医師会長に就任され、現在3期目を務められています。

世界医師会は112カ国・地域の医師会が加盟する組織で、日本人の会長就任は1975年の武見太郎氏、2000年の坪井栄孝氏に次いで3人目となります。


横倉義武氏の世界医師会会長就任は、本学にとっても大変誇らしいことであり、本学を代表してお祝い申し上げますとともに、今後ますますのご活躍を心より祈念申し上げます。

                           学校法人久留米大学 理事長
                               久留米大学  学長

                                    永田 見生