ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 医学科JIMSA部の1年生チームが基礎医学研究発表大会で「最優秀賞」「研究賞」を受賞

医学科JIMSA部の1年生チームが基礎医学研究発表大会で「最優秀賞」「研究賞」を受賞

2017年10月15日に東海大学 伊勢原キャンパスで開催された基礎医学研究発表大会で、本学医学部医学科JIMSA部の1年生チームが「Novel Three-Dimensional Architecture of Mitochondria in the Rat Renal Distal Tubule(ラット遠位尿細管の基底線条には板状のミトコンドリアか存在した!)」の発表を行い、「最優秀賞」と「研究賞」を受賞しました。

基礎医学研究発表大会は、自分たちのやってきた研究成果を英語で発表するもので、研究力、英語、プレゼンテーション能力が審査されます。メンバーは、先端イメージング研究センターの太田啓介准教授の指導のもと、連日研究と発表練習に取り組んできました。本学からは今回が初出場で、1年生のみのチームによる受賞という快挙となりました。 

【メンバー】

藤野萌子、別府仙梨、首藤翼、衣笠哲矢

集合写真

JIMSA