ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 筑後川ブランド認定 新たに3商品

筑後川ブランド認定 新たに3商品

第2回筑後川ブランド大会(久留米大学経済社会研究所、筑後川ブランド委員会主催)が10月1日〜11月26日まで開催されました。

今大会では、筑後川・矢部川流域の持続的・自立的な地域経済の発展や地域の人々の豊かな生活の提供に寄与する魅力的な商品58点がノミネートされました。

(1)10月1日〜11月24日に受け付けたインターネット投票 (2)10月14日〜11月19日に流域各地の「道の駅」や大学、カフェなどに設置された投票箱への投票(流域各地投票) (3)11月26日に久留米大学御井キャンパスで開催された「総選挙」の投票‐の結果、「全ての投票において部門上位3位以内にランクインする」という認定条件を見事にクリアした以下の3商品が、筑後川ブランド認定商品に選出されました。

 

■食品・飲料部門

・紫黒米甘酒ドレッシングソース【玖珠黒米研究会:大分県玖珠郡玖珠町】

■工芸品部門

・組子の時計〜時を想う気持ち〜【宮崎建具:福岡県大川市小保】

・華日(レーザー加工あんどん)【龍精密工業株式会社:福岡県久留米市城島町】

ドレッシング組子の時計あんどん

 

今大会は、久留米大学経済学部の学生が企画段階から主体的に関わり、ノミネート商品の審査や現地取材、パンフレット作成、「総選挙」当日の商品紹介などに重要な役割を担いました。

学生たちの貴重な「現場での学び」の機会になったことに加え、事業者の方々も、これからの社会を担う学生の声を受けて商品PRの仕方を工夫されるなど、相互に刺激の多い取り組みとなりました。また、「総選挙」時には、学生と事業者の皆さん、そして事業者の皆さん同士の交流が深まり、今後の新たな連携や商品開発への萌芽もたくさん見ることができたことも、今後につながる大きな成果となりました。