ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 医学部感染制御学講座の渡邉教授がWHO GOARNの国際会議に参加

医学部感染制御学講座の渡邉教授がWHO GOARNの国際会議に参加

2017年12月5日から7日の間、医学部感染制御学講座の渡邊教授がスイス、ジュネーブで開催されたWHO(世界保健機関)、GOARN(Global Outbreak Alert and Response Network) (*) の国際会議に招聘され、参加しました。

この会議には世界各国より約200名が参加し、近年顕著となったエボラ出血熱やMERSなどの国際的に問題となる感染症が発生した際のこれまでのGOARNとしての専門家派遣実績の報告や将来的な取り組みについて活発な議論が行われました。
 
(*) 久留米大学は世界保健
機関(WHO)のGOARNパートナーです。

 

会場の様子渡邉教授建物