ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2017年度 > 学生作家の界達かたるさん、紙書籍の作品初出版

学生作家の界達かたるさん、紙書籍の作品初出版

久留米大学文学部の情報社会学科3年生、界達かたる(ペンネーム)さんの小説「Jに羽根はいらない」が1月29日、紙書籍として出版されます。

界達さんはすでに電子書籍でいくつか作品があり、在学中にメフィスト賞(講談社)などの小説新人賞で最終候補に4回残っています。本作が紙書籍のデビュー作になります。高校生の涼平が近所のバスケットコートで中学生の少女涼羽と出会います。一つのバスケットコートで紡がれる青春ストーリーです。                  

全くの独学で中学2年生の時から小説を書き始めたという界達さん。まもなく就職活動が始まりますが、「社会人になっても、二足のわらじで創作活動を続けたい」と話しています。

作品は209ページ。日本橋出版の発行で1600円(税別)。今のところ書店販売はなく、アマゾンで購入できます。

 

出版される本と界達かたるさん