ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 認定看護師教育課程の入学式を挙行

認定看護師教育課程の入学式を挙行

平成30年6月1日(金曜日)、久留米大学認定看護師教育課程の平成30年度入学式が挙行され、「がん化学療法看護」「緩和ケア」「がん放射線療法看護」分野の65名が入学しました。


式では、入学生の紹介が行われた後、三橋睦子認定看護師教育センター長が「6か月後の教育課程修了後、認定試験に合格されて、質の高いケアを提供できる認定看護師になられ、それぞれの施設において看護の質向上に向けて牽引されますよう期待しています」と式辞を述べました。


学長告辞、大学病院副病院長および福岡県看護協会長祝辞に続き、新入生代表の草野友美さん(緩和ケア分野)が「教育課程で学んだことを糧にして、それぞれが思い描く看護実践ができることをめざし、がん看護分野の専門家となるために、日々精進してまいります」と宣誓しました。


65名は今後、半年間の教育課程を学び、修了後の翌年5月に実施される認定看護師認定審査にむけて学修を続け、それぞれの分野での認定看護師を目指します。


代表の草野さん三橋センター長
集合写真