ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 久留米大学-理化学研究所 小児疾患共同研究室を開設

久留米大学-理化学研究所 小児疾患共同研究室を開設

2018年8月1日、学校法人久留米大学と国立研究開発法人理化学研究所(以下「理研」)は、「小児のビタミンDの代謝異常メカニズムの解明」の共同研究を進めるため、本学旭町キャンパスに、久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室を開設しました。

本共同研究は、福岡県と久留米市が2001年に設立した産学官連携組織「福岡県バイオ産業拠点推進会議」(事務局:(株)久留米リサーチ・パーク)の下で推進する「福岡バイオバレープロジェクト」と、理研が進める「健康・医療データプラットフォーム形成事業」の一環として実施されます。

「福岡バイオバレープロジェクト」では、2016(平成28)年度から県内における理研との連携拠点の形成を目指し、革新的な医薬・機能性表示食品等の開発に向け、福岡県内の大学・企業等と理研の共同研究を展開しています。本共同研究室は、本プロジェクトにおける連携拠点の形成に向けた初の共同研究室の開設(ライフサイエンス・バイオ分野で九州初)となります。

本学医学部小児科学講座と理研医科学イノベーションハブ推進プログラムの発達障害データ多層統合ユニットは、2018年4月1日から「小児のビタミンDの代謝異常メカニズムの解明」の共同研究を3年度計画で進めています。

小児のビタミンDの代謝異常は、くる病を代表とするO脚や骨の変形など成長障害を起こします。母乳はミルクよりもビタミンDが少なく、母子のビタミンD不足、栄養の偏りや紫外線対策により、近年くる病が増えています。小児のビタミンDの代謝異常は、成長障害、ひいては発達障害の重要なテーマになりうる可能性もあると言われていますが、その原因は分かっていないため、ビタミンDを摂取することで対応し、根本治療はされてきませんでした。

本共同研究では、母乳の解析を通じて、代謝異常を引き起こす原因物質を同定して、機能性食品の開発につなげることを目指しています。

詳細は、福岡県バイオ産業拠点推進会議ホームページ(https://www.fbv.fukuoka.jp/news20180731)をご覧ください。

 

表札を持つ小児科の山下教授

「久留米大学-理化学研究所小児疾患共同研究室」の表札を持つ小児科の山下裕史朗教授