ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2018年度 > 平成30年7月豪雨災害義援金を日本赤十字社に寄託

平成30年7月豪雨災害義援金を日本赤十字社に寄託

本学では2018年6月の下旬から7月上旬にかけて九州・中国地方など西日本に発生した豪雨で被災された方々への義援金募金活動を、一般財団法人久留米大学愛恵会および久留米大学教職員組合と協力し、災害直後より約2か月にわたり行いました。

その募金活動により集まった義援金120万円を10月29日、久留米大学、久留米大学愛恵会を代表して本学の有馬彰博理事、久留米大学教職員組合を代表して井上泰執行委員長が、日本赤十字社福岡県支部を訪問し寄託しました。

義援金は、日本赤十字社福岡県支部を通じて被災地に送られ、復興に役立てられます。

被災された皆さまには心からお見舞い申し上げますともに、今後も全学をあげて被災者の方々の支援に取り組んでまいります。

 

目録を手渡す有馬理事と井上組合執行委員長
左から日本赤十字社の松本事務局長、有馬理事、井上執行委員長