ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > KUIC2019コラボイベント「筑後エリアのニーズと外国語教育をつなぐ」のご案内【9月29日】

本文


KUIC2019コラボイベント「筑後エリアのニーズと外国語教育をつなぐ」のご案内【9月29日】

久留米大学外国語教育研究所の教員を中心とした久留米大学産官学連携(Kurume University Industry Collaboration)ワーキンググループでは、「筑後エリアのニーズと外国語教育をつなぐ」と題したビジネスとアカデミックのコラボイベントを開催します。

近年、交通機関とインターネットの普及によって、筑後地域の企業は事業を拡大しています。

しかし、インバウンド観光客や海外からのお客さんを助けたくても、地元の教育機関は実際に必要な言語と異文化間交流のスキルを身につけられる教育ができているでしょうか。

また、企業は外国語を使えるスタッフを雇うのは難しいと感じていて、外国人労働者にどう働いてもらうか悩んでいます。

では、どうすればこの問題は解決できるでしょうか。地域のニーズを満たすために外国語教育はどのように変わるべきでしょうか。筑後エリアで必要とされる外国語コミュニケーション能力とは、具体的にどのようなものでしょうか。筑後エリアの事業者がグローバルマーケットに進出し、さらに躍進できるように、筑後エリアの教育機関はどのようなサポートをすべきでしょうか。

ビジネス関係者、筑後エリアのリーダー、大学生、留学生、教員、地域の発展に興味を持っている方々、ぜひ一緒に考えていきましょう。クリエイティブなアイデアをお待ちしています!

筑後エリアのニーズと外国語教育をつなぐ

日時

2019年9月29日(日) 

第1部 12:30~13:50
第2部 14:10~16:00

会場

久留米シティプラザ 5階 大会議室(福岡県久留米市六ツ門町8-1)

スケジュール

第1部 情報を共有する (12:30~13:50)

  • どの産業と企業で外国語を使用するスタッフが必要か
  • 外資系企業を誘致する現在の取り組みについて
  • 筑後エリアの企業の人材ニーズはどのように変化するか
  • 具体的に、現在および将来に必要な言語と異文化間コミュニケーションのスキルは何か

【ファシリテーター】
 一般社団法人コミュニケーションスキル協会 野中 アンディ

【ゲストスピーカー】
 独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ) 福岡所長 山岡 寛和
 インアウト・ツーリズム研究所 代表 帆足 千恵
 株式会社ちくぎん地域経済研究所 代表取締役社長 空閑 重信
 フルトリエ・中村果樹園 代表 中村 美沙
 IT&IPストラテジーアドバイザリー・グループ 代表 ジョエル・ブルーズ
 合同会社みずトランスコーポレーション 代表 水谷 みずほ
 (敬称略)

第2部 一緒にブレーンストーミングしましょう! (14:10~16:00)

【コラボレーター】
 
ヘビーメタルアーティスト 山崎啓文
 一般社団法人SINKa (社会的起業家創出ネットワーク九州・アジア) 代表理事 濱砂 清
 久留米市の観光国際課長 「MICE」 眞子克彦
 アイスマン株式会社 ICEMAN Corp. 代理 井植哲二
  株式会社ちくぎん地域経済研究 代表取締役社長 空閑重信
  久留米大学 理事 久原正治
  株式会社 タンガロイ ユニタック事業本部 マーケティング部 米村菜未
  株式会社筑水キャニコム エリアマネージャー Paul Benoit Ndiaye
  ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング 社長 ロッシェル・カップ
  オープンマインド 代表 Bruce Haendel
  イケア(IKEA) 福岡 新宮 店長 Robert Gajos
  イケア(IKEA) 福岡 ローカルマーケティングマネージャー 松川ちか
  久留米ユネスコ協会会長 白石勝洋
  ジェットコミュニケーションズ 代表 Andrew Hamilton
 (敬称略)

参加費

無料

申し込み

参加希望の方は、以下のURLからお申込みください。

https://www.kurume-u-gaigo.com/kuic2019

お問い合わせ

KUICワーキンググループ
 e-mail:KUIC2019@gmail.com

 

ポスター
大きく表示する (PDFファイル)(445KB)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)