ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > 【研究成果】摂食ホルモンが運動へのモチベーションに関与する新規メカニズムを発見

本文


【研究成果】摂食ホルモンが運動へのモチベーションに関与する新規メカニズムを発見

運動へのモチベーションには“脳”だけでなく“胃”も関与

久留米大学医学部の研究チームは、胃内分泌細胞で生産される摂食ホルモンの「グレリン」が、ドーパミンとの関係が深い脳内報酬系に作用し、運動へのモチベーションを高めていることを発見し、その論文が「Journal of Endocrinology」に掲載されました。

「グレリン」は、本学分子生命科学研究所の児島将康教授らが1999年に発見した摂食ホルモンの1種で、空腹時に分泌されて食欲を亢進させます。

この「グレリン」の新しい作用を探究する目的で、動物実験センターと医学部内科学講座内分泌代謝内科部門を中心に研究を開始したところ、グレリンが欠損しているマウスは、摂食には影響がないものの、自発運動量が少ないことが判明しました。

そこで、運動量が低下しているグレリン欠損マウスに、食事のリズムに合わせてグレリンを投与したところ、運動量が回復することがわかりました。

図解

「グレリン」は脳にはほとんど存在せず、胃を中心とした消化管(末梢組織)が主な産生部位です。今回の研究により、末梢組織から中枢に運動のモチベーションを伝えるシグナル分子/経路の存在が想定され、運動へのモチベーションには中枢だけでなく末梢組織(胃)も重要な役割を果たしている可能性が示されました。

運動継続の秘訣は食事のリズム

運動へのモチベーションは「グレリン」が分泌される空腹時に高まるため、食事のリズムを正せば、グレリンの分泌リズムも是正され、運動に対する意欲も高まります。逆に、食事のリズムが崩れると、運動に対する意欲が低下し、運動不足になる可能性があると言えます。

この研究成果は、運動習慣をサポートするための機能性表示食品やサプリメントの商品開発に役立つことが期待されます。

今回の研究成果について

【論文名】Voluntary exercise is motivated by ghrelin, possibly related to the central reward circuit.

【著者】Mifune H, Tajiri Y, Sakai Y, Kawahara Y, Hara K, Sato T, Nishi Y, Nishi A, Mitsuzono R, Kakuma T, Kojima M.

今回の研究には、動物実験センターや内科学講座だけでなく、分子生命科学研究所バイオ統計センター人間健康学部(スポーツ医科学科)など、学内の複数の部署が垣根を越え参加しています。

このように、久留米大学では文系、医系の学部を持つ総合大学として、「文医融合」型の教育・研究を進めています。