ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2022年度 > アドバンスト・メディア講座が開講【法学部】

本文


アドバンスト・メディア講座が開講【法学部】

今年度より法学部にて国際政治特殊講義(アドバンスト・メディア講座)が新たに開講されました。この講義では、西日本新聞とRKB毎日放送の第一線で活躍されている記者や編集担当者を講師としてお呼びして、記事の書き方や営業活動、企画や編成の内側を深掘りします。マス・メディアの実態を探究すると同時に、将来ジャーナリストとしての仕事に関わる興味や意欲を持った学生に現場の空気感を伝えて、指導・育成することを狙いとしています。

photo-1photo-2

講師の中川氏

担当の前田俊文教授は「国際政治学は世界の政治や経済の実際を深く知り、理解する作業が必要です。その最前線で働くマス・メディア界(新聞、テレビ、ラジオ)の記者やスタッフにその実態をヒアリングする機会はきわめて貴重であり、この講義を通じて、マス・メディアの基礎を学ぶだけでなく、「制作」し、「発信」するスキルについても触れて欲しい」と冒頭に挨拶。

photo-3photo-4

第一回目の講義は元西日本新聞論説委員長でTNCのコメンテーターも努められた中川茂氏が担当。記者としての豊富な経験談を交えながら、多メディア時代におけるメディア、ジャーナリズムなどについて話しました。受講した学生は「今回の講義を受けてマスメディアの存在意義についてはもちろん、活字が持つ力などのついても考えるきっかけとなりました。今も新聞を読むようにしていますが、今後も続け自分の感性を磨いていきたいです」と話しました。