ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2021年度 > 内閣府「地域バイオコミュニティ」に久留米市を中心とする福岡県が認定、内村学長が共同記者会見で抱負

本文


内閣府「地域バイオコミュニティ」に久留米市を中心とする福岡県が認定、内村学長が共同記者会見で抱負

国(内閣府)がバイオ産業の振興を図るための「地域バイオコミュニティ」に久留米市を中心とした福岡県が全国拠点の第一号として西日本では唯一認定され、久留米市の久留米リサーチ・パークで共同記者会見が開かれました。本学からは内村直尚学長が出席し、今後の抱負を語りました。

内村学長は挨拶の中で「福岡バイオコミュニティの推進に向けてこの地域のハブとして中核的な役割を果たしていく。民間に開放している動物実験センターをより積極的に活用し、産学官の連携を充実してバイオ関連企業をサポートしていきたい。医学部、文系学部と共同して創薬や機能性食品の開発につなげると共に人材育成にも期待している。久留米大学の発展のみならず地域社会が共に進んでいけるよう全力を尽くす」と述べました。

記者会見1 記者会見2 

記者会見で挨拶する内村学長

 

会見終了後、施設を見学した内村学長は大久保勉市長らと共に記者の質問に答える場面も見られました。

3 4

施設を見学する内村学長

施設1 施設2

公開された施設(オープンラボ)の一部