ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > バックナンバー > 年度別 > 2019年度 > 新型コロナウイルス関連感染症に関して(注意喚起)

本文


新型コロナウイルス関連感染症に関して(注意喚起)

世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、1月31日、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態に該当すると発表しました。このような状況を踏まえ、日本では新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定され、また、検疫法に基づく「検疫感染症」に指定されました。2月3日の時点で、日本国内の発症者は20名となり、中国についで多くなっています。(厚生労働省HPより)

1.新型コロナウイルス関連感染症の症状

通常の風邪と同じく、発熱、せき、くしゃみなどの呼吸器症状で、重症化すると肺炎を引き起こします。潜伏期間は、10から14日間程度と言われています。

2.まずは感染予防に努めましょう

  • 流水とせっけんを使って、こまめに手を洗う。
  • 外出した後や咳をした後、口や鼻、目などを触る前に、手洗いを行う。
  • 咳が出る場合は、マスク着用や口や鼻をティッシュで覆うなどの咳エチケットを行う。特に、公共の交通機関や人の多く集まる場所では、一人ひとりが十分な感染予防対策に努めて下さい。

海外に渡航予定の方へ

外務省より、中華人民共和国については、感染症危険情報が出ています。

中国湖北省および浙江省 レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)

●上記以外の地域 レベル2:不要不急の渡航は止めてください。

*世界各地で、感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください。

中国から帰国した方へ

入国してから2週間は以下を守ってください。

1)体調に留意し、できるだけ人との接触は避けて、外出時はマスクを着用する。

2)発熱や呼吸器症状がある場合

  • 保健管理センター(旭町0942-31-7690/御井町0942-65-4455)に連絡する。
  • マスクを着用するなどの咳エチケットを実施する。

湖北省/浙江省からの入国・帰国者または湖北省/浙江省からの入国・帰国者に2週間以内に接触したことのある方で発熱や呼吸器症状がある場合

1)マスクを着用するなどの咳エチケットを実施する。

2)最寄りの保健所に連絡し、指示された医療機関を速やかに受診する。

3)受診に当たっては、あらかじめ湖北省あるいは浙江省への滞在歴があることを申告する。

相談窓口

  • 久留米市保健所 電話:0942-30-9730
  • 久留米市新型コロナウイルス相談センター 電話:0942-30-9335
  • 厚生労働所の電話相談窓口 電話:03-3595-2285
  • 久留米市以外の福岡県内相談窓口:http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/bukan.html

【外国語での相談窓口】

  • 福岡アジア医療サポートセンター(医療に関する外国語対応コールセンター) 092-286-9595
  • ふくおかよかとこコールセンター(外国人観光客向け多言語対応コールセンター) 092-687-6639

【情報発信サイト】

最終更新日 2020/2/17