ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 情報社会学科:「心通わせる七夕イベント」(7月2日~7月7日)

本文


情報社会学科:「心通わせる七夕イベント」(7月2日~7月7日)

七夕に、患者、家族らと「心通わせるブース」

医療センターは、7月2日(月曜日)~7日(土曜日)、「心通わせる七夕イベント」を実施します。患者さんと家族、医療スタッフが心通わせるツールとして、七夕という季節感を取り入れたディスプレイを展示します。文学部の提案を受けて企画しました。

総合受付に七夕のブースを設け、たくさんの方々に願いや思いを書いて貼ってもらう参加型のイベントです。笹を描いたボードまたは模造紙を設置し、近くに短冊とペンを置き、自由に願い事を書いてもらう趣向です。短冊の個人情報保護にも配慮した織姫と彦星がデザインされた目隠しシールも用意しています。

ほとめきプロジェクト

情報社会学科の課題解決型授業「ほとめきプロジェクト実習演習」の一環として、2018年度より新たに医療センターをフィールドとしたプロジェクト型学習に取り組んでいます。文系ならではの視点で新たなニッチ(すき間)サービスを企画・提案する実践型授業です。

医療センターに「七夕」を含む3案を提案、採択され実施することとなりました。文系学部と病院が連携する「文医融合」の取り組みです。他2案は、学生目線の「リーフレット作成」と、総合受付の待合室に車椅子用スペースを確保する「おもいやりスペース」の設置を計画しています。