ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教員紹介

情報社会学科の教員全員

教員メッセージ

あなたと社会との接点を考える4年間。大学を卒業すると、みなさんは社会人になります。しかしこの「社会」とは一体どんなところなのでしょう。
情報社会学科は、情報を活用することで、社会の動きをとらえる学科です。
もしみなさんがどのような社会人になるか迷っているなら、この学科で考えてはどうでしょうか。みなさんが、社会を考え、社会と接点を見つけていけるよう、4年間かけて支援します。

特任教授堂前 亮平 (業績
専門人文地理学
地域の特性を探る 
地域が持つ特性がどのように形成されたのかを自然環境や人々との関わりを通して学びます。フィールドワーク(現地調査)も積極的に行い、学生と一緒に学校外に出てその地域の特徴を発見し、その特徴が出来た背景を調査します。そういった授業の中で、身近に起こっている様々な変化に気付く力や、深く掘り下げることで原因を探る力が身に付きます。
特任教授白石 義郎 (業績
専門教育社会学
スポーツマンガに見る人間成長の物語
『スラムダンク』などのスポーツ部活漫画を用いて、主人公がどのように成長していったかを読み解くことで課題発見と課題解決のプロセスを楽しく学びます。現在の高校生がよく読んでいる作品も取り入れつつ、「面白くてためになる」そんなスポーツ部活漫画のもつ世界観を真面目に読み解きます。
教授中西 吉則 (業績
専門理論社会学
情報化社会と私たちの生活
高度情報化社会の側面を社会学の面から紐解いていきます。一つの事柄に対しても各メディアによって切り取り方が異なる上に、そこから発信された情報に対する受け取り方も人それぞれ違います。そういった「メディア・リテラシー」の内容や意義、また急速に生活に浸透したインターネットや携帯電話の影響などを取り上げながら、多様な物の見方をすることの重要さを学びます。
特命教授遠山 潤 (業績
専門図書館情報論
新規性を身につける
既存の研究にはない「新しさ」を身につけるものとして必要不可欠な「文献」について、考え方や書き方を学習します。学生が図書館の司書資格を取得できるよう、図書館の専門的業務を担える知識と能力を養成します。
教授原岡 薫 (業績
専門マスコミュニケーション論
現代のメディア事情
テキストと時事問題を織り交ぜながら、広告の影響やメディアの取り上げ方について学びます。過去の事件や出来事のDVDを用いて史実を知るとともに、報道のあり方や報道の使命、また「メディア・リテラシー」についても、学生と一緒に考えます。
教授石橋 潔 (業績
専門社会調査法
社会の変化を調査する

私達が変わらないと思っている「当たり前」や「常識」は、実はどんどん変化しています。そのように変化し続ける世の中の動きをアンケートやインタビューを行って捉える「社会調査法」を学びます。卒業論文制作に役立つ取材、調査法についても学びます。
世の中の新しい出来事を紹介するため、SF映画や現代の恋愛事情をドラマにしたDVDなど、出来るだけ分かりやすい具体例を示しながら授業を行います。

准教授江藤 智佐子 (業績
専門高等教育
キャリアデザイン(職業人生の構想・設計)の多元的探求

職業・経歴の約8割は偶然のできごとから形成されるという理論がある中、文系の学生が就職して社会で求められる能力や経験とは何なのか、大学の学びと職業の双方の観点から自分のキャリアデザインについて考えます。アクティブ・ラーニングの一環としてフィールドワークを取り入れ、それぞれ設定したテーマについて調査・分析する課題解決型の授業を行います。

准教授川路 崇博 (業績) 
専門知識科学
発想を支援する
実際にフィールドワークに出かけ、地域の不思議なところや地域同士の意外な共通点や問題点などを発見し、その本質を見極め、解決方法を策定するなどの創造的思考を養います。また問題解決にあって、必要に応じてシステム開発(プログラミング)もするため、論理的思考も身に付きます。

入試情報国際交流交通アクセス