ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 学部案内 > 資格・国家試験 > 国際文化学科 資格・学習支援

国際文化学科 資格・学習支援

取得資格

教育職員免許状
  • 中学校教諭一種「国語」「社会」「英語」
  • 高等学校教諭一種「国語」「地理歴史」「英語」
中学・高校の教員になるために必要な資格です。国際文化学科では、左記のような多様な免許状の種類を用意しています。
2年次から所属する各コースの専門分野に即した教科の課程選択が一般的ですが、所属コースにかかわらず、どれでも選ぶことができます。
(ただし、卒業単位以外に要求される履修科目、単位はそれだけ多くなります。)
図書館司書司書は、図書館法に基づくもので図書館に勤務し、資料の選択・受け入れから分類、目録作成、貸出などの業務を通じて、利用者と資料とを結びつける役割を担う専門的職員です。
最近は基礎的な語学力とコンピュータに関する理解力・操作能力を求められる傾向が強くなっており、本学の司書課程ではこうした点にも力を入れています。
博物館学芸員博物館学芸員とは、博物館、美術館、各種の資料館などに所属し、資料の収集、保管、展示および調査研究に従事する専門的職員のことで、専門的な知識を保有した研究者としての立場と展示、解説などを通じて各館の運営を主導する教育者としての立場が求められます。
本学では、学科構成や当該地域の博物館等の存在形態をふまえて、歴史関係の単位修得に比重を置いています。
日本語教育学(副専攻)課程日本語教員とは、国内外で外国人に日本語を教える教員のことです。近年のめざましい国際化の進展に伴い、ますます需要が高まっています。
現在、日本語教員になるには法的な免許制度はありませんが、文部科学省が示した基準に沿って、日本語教員として必要な知識と専門的能力を備えることが求められます。
本学では、外国語としての日本語を教えることの特質を十分理解するための実践的指導法を中心にしたカリキュラムを組んでいます。この課程を履修したものに「日本語教育学修了証」を交付します。

※これらの資格を取得するには、卒業に要する単位のほかに、それぞれ所定の科目を履修する必要があります。
 また英検・仏検・TOEIC・TOEFLなど語学検定のサポートを行っています。

学習支援

学習支援のイメージ写真

異文化体験研修奨励制度異文化体験に意欲的で、積極的な学生を応援。
本学科2年生以上の学生を対象に、国内外のさまざまな文化現象を観察、また体験する短期の研修旅行計画を募り、ユニークな計画に対して経費を補助する制度です。
実績として、イギリス・ドイツ・カナダ・中国・韓国などでの異文化体験があります。
応募・準備から旅行実施・結果報告までの作業を通して、企画立案能力、調査能力、コミュニケーション能力およびプレゼンテーション能力を磨きます。

先輩からのメッセージ

歴史や文化を通して真実を発見する。

以前から読書が好きで、文学部に進学しようと思っていました。
少人数制で、自宅から通学できるという理由で久留米大学に決めました。
国際文化学科は幅広い専門分野があり、自分が調べたい専門分野を集中して学ぶことができます。分からないことは、各専門分野に長けた先生方が親切に教えてくださいます。ゼミでは歴史を学び、現在卒論を作成中です。
日清・日露戦争で勝利した日本に興味を持ち、その中心人物だった秋山真之という海軍軍人の生涯について調べています。大変ですが充実した毎日です。

4年 安部 大祐(福岡・東和大学附属東和高等学校卒業)


入試情報国際交流交通アクセス