ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 学部案内 > 学部概要 > 3つのポリシー(文学部)

3つのポリシー(文学部)

文学部の教育理念

人間、社会、文化の実態と本質を探求し、広い視野と高い専門性を備えた心豊かな人間を育成し、地域社会と国際社会に貢献すること。

文学部の3つのポリシー

アドミッションポリシー(学生受入の方針)

幅広い学問的関心、学び続ける姿勢をもつ学生を求めている。一般入試やセンター試験利用入試などにより、一定以上の基礎学力を持つ学生を選抜する。また、AO入試や推薦入試により、自己の意思にしたがって学修に取り組み、伸びる力のある主体的な学生を受け入れる。さらに編入学入試、社会人入試、留学生入試を実施し、本学部の教育理念に共感する幅広い人材と社会に興味・関心のある学生を求めている。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学生が自発的・積極的に幅広い教養を体得するとともに、総合的な判断力を培い、豊かな人間性や倫理性を涵養するための教養科目を基本に、その上に心理、情報社会、国際文化、社会福祉の学科ごとに専門教育科目も配置して、4年間を通して体系的な教育課程の編成を行い、徹底した少人数教育を展開している。また、実践力のある学生を育成するために、リテラシー教育やキャリア教育の実施とともに、演習、実習、インターンシップといった体験型授業を重視している。そして、全学科に共通して卒業論文を必修としている。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

知識・理解(多文化・異文化、人間行動、情報活用、社会と自然に関する知識の理解)、思考・判断・表現(論理的思考力、問題解決力)、関心・意欲・態度(自己管理力、チームワーク、リーダーシップ、倫理性、社会的責任、生涯学習力)、技能(コミュニケーションスキル、情報リテラシー、プレゼンテーションスキル)をもった学生に学位を授与する。各学科に配置された科目の中から必要な単位を取得し、さらに最終年次における卒業論文の作成を含めた教育課程を修了した者に卒業を認定し、学士(心理学)、学士(社会学)、学士(文学)、学士(社会福祉学)の学位を授与する。

各学科ごとの3つのポリシー


入試情報国際交流交通アクセス