ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 学科紹介 > 心理学科 > 心理学科について

心理学科について

学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

本学科では、(1)人間の「こころ」の動きや行動、人間関係について学ぶことに関心を持つ人、(2)心理学の学びを通して論理的思考やコミュニケーション力を身につけることに意欲的な人、(3)社会生活における良好な人間関係の構築や維持、集団や組織の運営技術など心理学を社会に活かしたい人、(4)心のケアや福祉の増進を図れる「心の専門家」を目指す人を求めている。


高等学校では主に語学を通した理解力や表現力、社会科科目を通した現代社会や歴史の基礎知識、数学・情報科目を通した数的理解や情報処理技能を身につけていることが求められる。
入試においては、一定以上の基礎学力を前提として、上記の4つの観点を重視した選抜を行う。特に、AO入試・推薦入試では、基礎学力に加え、論理的思考やコミュニケーション力および豊かな人間性を有し、心理学を学ぶことに意欲的な人を選抜する。また一般入試・センター入試・3月入試では、一定以上の学力を有する人を選抜する。
 

カリキュラム・ポリシー

学士課程4年間を見据え、人間の「こころ」や行動が生物学的要因、個人的要因、社会・文化的要因の影響を受けていることを学ぶために、基礎心理学から応用心理学までさまざまな分野の心理学を学べるようにカリキュラムを組み、同時に、論理的思考やコミュニケーション力、問題解決能力などの育成を意図した科目を体系的に取り入れている。

1)「専門共通科目」
初年次教育科目の「教養演習」で習得した大学での学び方に基づき、人間の「こころ」や行動に関わる現象において課題を発見し、仮説を立てて検証すること、得られた情報を処理し分析すること、論文作成の基礎や研究成果を発表すること等を学ぶ「心理基礎演習」、「心理学実験」、「臨床心理学実習」などの科目を配置している。


2)「専門教育科目」
「知覚・認知心理学」、「教育・発達心理学」、「社会心理学」、「健康・臨床心理学」という4つの専門分野を学習する科目を配置している。さらに、その集大成として「卒業論文」を作成する。


3)「実践科目」
社会人としての素養を高め、心理学の知識や手法を社会に活用する方法を、地域を対象とした様々な実習を通して体験的に学び、大学での学びをより豊かなものにするよう「人間関係トレーニング」や「心理インターンシップ」などの科目を配置している。

ディプロマ・ポリシー

1.学士課程にあっては、所定の年限在学し、文学部および心理学科の教育理念に基づくカリキュラムを履修し、所定の単位を修得した学生に対して、学士号(心理学)を授与する。


2.学士課程卒業にあっては、以下の点に到達していることが求められる。


知識・理解

  1. 心理学の基礎的概念や主要な理論を理解している。
  2. 心理学の概念や理論を用いて、個人・社会における心理・行動の理解や問題解決ができる。


思考・判断・表現

  1. 心理学に関する現代的課題について論理的に考察し、結論を見出ことができる。
  2. 自らの考え方を適切に表現することができる。


関心・意欲・態度

  1. 人々は多様であること、心の働きは集団や文脈によって異なることを理解している。
  2. 心理学を社会に応用する力および生涯学習力を身につけている。


技能

  1. 議論や発表のためのコミュニケーションスキルや対人関係・対人援助に必要なコミュニケーション力を身につけている。
  2. 心理学に基づいた情報処理・分析技法を身につけている。

心理学科について

“人間”を知る、心の専門家へ。

人々の意識が「心の豊かさ」を重視する方向に変化する中で、心の働きや行動についての関心が高まっています。

心理学科では、これらの問題を学問的に解明し、心理学に関する高度な専門知識・技能と対人援助能力をもつスクールカウンセラーをはじめとした「心の専門家」を養成し、「心豊かな、ゆとりある社会」の実現に貢献します。

体験型授業を配置し、社会が求める有能な人材の育成を目指します。

体験型授業の写真

心理学の知識や技術が幅広く学べます。学びの促進・定着のため、各学年に少人数編成の演習を配置したり、実験・実習・インターンシップといった体験型授業を配置するなど、授業形態を工夫しています。

そして、社会生活において良好な対人関係を築き維持できる人、集団や組織の運営技術を有する人、有効な授業ができる教育者、心のケアや福祉の増進を図れる専門家など、社会が求める有能な人材の育成を目指しています。

主な学習支援

心理インターンシップ

大学での学びを豊かなものにし、将来の進路について考える。

心理学の知識を活かすことのできる教育現場や医療・福祉施設等を研修先とし、現場で実際に体験することによって、心理学の社会貢献についての理解を深めるものです。また、大学での学びを豊かなものにし、将来の進路を考える契機になることを目指しています。

先輩’s Voice!

心理インターンシップは、職場での社会人のマナーを学ぶことはもちろんのこと、学校や医療・福祉施設などの現場で心理学について考え、感じ、学ぶことができる授業です。現場ならではの貴重な経験ができ、多くのことを学ぶことができました。

心理学検定

心理学的専門知識・能力の証明、およびキャリアアップに。

大学卒業レベルの心理学の知識・能力を測るための検定試験で、合格領域数に応じて「心理学検定1級」「心理学検定2級」の資格を取得することができます。
この検定は、心理学の知識・能力の証明として、大学院入試、就職活動、心理学関係の諸資格取得、キャリアアップなどに利用できます。

先輩’s Voice!

私は「第3回心理学検定」に挑戦することを決意してから、教科書やノート、キーワード集を読み込んで復習したり、公式問題集を繰り返し解いたりして、不安を自信に変えていきました。
当日は平常心で検定に臨むことができ、結果、心理学検定1級に合格することができました。
心理学検定は、挑戦してみることで心理学への関心を高めることができ、今までの総復習をすることができます。
またこの資格を取得することは、大学院入試や就職活動などで大きな力になると言われます。その努力は決して無駄になりません。皆さんにもぜひ挑戦してほしいと思います。


入試情報国際交流交通アクセス