ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > 学科紹介 > 社会福祉学科 > 社会福祉学科について

社会福祉学科について

学科の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

 本学科では、(1)物事を様々な角度から考察し、自らの考えをまとめることができる人、(2)自らの考えを分かりやすく表現することができる人、(3)他の人の感情・考え方を受け止め、客観的に理解できるように努めることができる人、(4)人間と差y会に関わる重要な課題を発見・探求・解決に関心がある人を求めている。

 高等学校で履修した主要教科・科目について、基礎的な知識を有していることが求められる。特に本学科では、人間の生涯にわたる生活を巡る課題に関わるために社会科科目を中心とした知識が必要となり、それらを基礎に社会への理解・関心を持ち、人間の生活と営みに深い関心洞察できる人材の養成につなげる。

 入試においては、一定以上の学力を有することを前提として、多様な選抜方法で学生を確保する。特にAo入試・推薦入試では、与えられた情報・テーマに即して結びつけることができる人を確保する。また、一般入試・センター入試・3月入試では一定以上の学力がある人を選抜する。

カリキュラム・ポリシー

 社会福祉の対人援助専門職(ソーシャルワーカー)を養成することを目標とし、次の方針に基づき教育課程を編成・実施する。

1)「共通教育科目」
​ 共通教育科目は専門的な知識技術を活かす土台となり、幅広い教養・良識を育む科目であり、対人援助専門職として、人に信頼され尊敬される専門家たり得るために必要な力を持つことにつながる。人間を知り自己を知り、専門職人として成長を続けるためには、人間の精神の働き・生活の活動をよく見、考え、良く学ぶことが必要であり、学び続ける姿勢を確保することも目的となっている。

2)「専門教育科目」
 対人援助専門職としての実践力を習得することができるカリキュラムを設定している。専門科目として社会福祉およびソーシャルワーク実践の理論と方法を学ぶ。具体的には、対人援助に必要な「福祉基礎科目」、「福祉方法科目」、「福祉分野科目」、「福祉演習・実習科目」、「福祉関連科目」、「必須科目」から構成する。

ディプロマ・ポリシー

1.学士課程にあっては、所定の年限在学し、文学部および社会福祉学科の教育理念に基づくカリキュラムを履修し所定の単位を修得した学生に対して学士(社会福祉学)を授与する。

2.学士課程卒業にあたっては、以下の点に到達していることが求められる。

知識・理解
​1)人間諸科学に関する知識の修得
​ 福祉社会の実現に貢献するための社会科学・人文科学等の知識を幅広く身につけている。

2)専門科目に関する知識・技能の習得
​ 人間の自由と尊厳、および人権と社会正義に関する知識を理解している。また、社会保障・社会福祉の制度政策およびソーシャルワークに関する専門的知識を体系的に理解している。

思考・判断・表現
​1)理論的思考・判断力
 人間社会の諸問題に関する資料の収集とその考察によって、結論を見出すことができる。また、社会福祉及び関連する問題について根拠に基づいて考察し、状況に応じた適切な判断ができる。

2)表現力
​ 自らの考えを他者に説明することができる。自らが主体的に設定した社会福祉に関わる課題について探求し、その成果を論理的に表現できる。

関心・意欲・態度
​1)挑戦力
 ​ 自ら問いを立て自己の判断を発表するに至るまで主体的に活動することができる。社会福祉及びそれに関連する音大に関心を持ち、自ら学習し取り組む意欲を示すことができる。

2)社会貢献力
​ ソーシャルワーカーとしての倫理に従って行動する意欲と態度を示すことができる。ソーシャルワーカーとしての専門性を継続的に高め、新たな実践を創造していく意欲を持っている。

技能
​1)コミュニケーション力
​ 多様な文化、背景を持つ人々と、非言語コミュニケーションを含めた対話ができる。

2)情報リテラシー
​ 現代の情報化社会に対応できるような基礎的な情報リテラシーを身につけている。

3)専門分野のスキル
​ ソーシャルワークの価値と専門知識を基にして、人間の福祉(ウェルビーイング)を高めるためのソーシャルワークスキルを習得している。

社会福祉学科について

地域社会に根ざした福祉の専門職を育てます。


 これからの社会を見据え、社会福祉を専門的に学んで、将来、人々の暮らしを社会的に支援する職業に従事したいという学生が集まります。カリキュラムに取り入れられた実践的な講義・演習は、自身の価値を高め、社会での即戦力となりうる人材につなげています。さらに、国家資格(社会福祉士・精神保健福祉士)をはじめ、各種資格が取得できるようなきめ細やかな小員数教育を実施しています。本学科では、何らからの生活上の困難を抱える人々に関わりながら、誰がも幸せに暮らせる社会に貢献できるヒューマンサービスの担い手を養成しており、卒業生は社会福祉の領域だけではなく、医療、教育、公的機関、民間企業等でも活躍しています。
 

詳しくは卒業生の活躍をご覧ください。
https://www.kurume-u.ac.jp/site/bungaku/fukushi-obog.html

実習報告会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会福祉学科で取得できる資格

社会福祉学科では国家資格である社会福祉士、精神保健福祉士をはじめとする各種資格を取得するためのサポート体制が充実しています。在学生が取得する資格には以下のものがあります。

○社会福祉士国家試験受験資格
​○精神保健福祉士国家試験受験資格
​○社会福祉主事任用資格
​○児童福祉士任用資格
​○身体障害者福祉司任用資格
○高等学校教諭一種(福祉・公民)
​○中学校教諭一種(社会)
​○特別支援学校教諭一種
​○小学校教諭一種※1
​○学校図書館司書教諭出願資格
○図書館司書
​○博物館学芸員
​○日本語教育学(副専攻)課程修了書
​その他、下記資格取得のサポートもしています。
○保育士
○生きがい情報士(受験資格)
​○住環境コーディネーター2級、3級
○介護職員職員初任者研修(ホームヘルパー)
​○ファイナンシャルプランナー
​○ビジネス実務法務検定
​※1 中学校、高等学校いずれかの教職課程を履修のうえ、教育連携を行う大学の通信教育課程にて所定の科目を履修することで取得できます。

詳しくは「社会福祉学科で取得できる資格と主な就職先」をご覧ください。
https://www.kurume-u.ac.jp/uploaded/life/9278_10920_misc.pdf

 

主な学習支援

国家試験サポート

大学での学びを豊かなものにし、将来の進路について考える。
社会福祉士および精神保健福祉士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。本学の昨年度の国家試験の合格率は下記の通りで全国平均を上回っています。(九州地区私立大学ではトップの合格率です)

社会福祉士(新卒)52.2%(全国平均26.2%)
精神保健福祉士(新卒)100%(全国平均61.6%)

※平成27年度実績 参考資料:厚生労働省「第28回社会福祉士国家試験学校別合格率」および「第18回精神保健福祉士国家試験学校別合格率」

自己の可能性にチャレンジ!!

「出会い」・「つながり」・「発展」を紡ぎ続ける社会福祉学科。
これまでに多くの先輩たちが、社会福祉施設、医療機関、行政機関、独立行政法人、学校、企業、などで活躍し、職業人として成長を続けています。社会福祉・医療機関等の現場実習指導者としても、就職先の先輩としても現役社会福祉学科生に多くの学びを与えてくれています。
また、卒業後、自己研鑽や相互サポート、相談に大学のネットワークが活用され、研究会参加などの交流の輪が、卒業生、現役生の枠を超えて広がっています。

先輩’s Voice!

現在は、社会福祉士の国家試験に向けて試験対策に取り組んでいます。
卒論ゼミでは週200問を目標に、先生とゼミ生が協力し合って日々勉強に励んでいます。皆がそれぞれの目標に向かって頑張っている姿に励まされ、自分も成長できる学科です。

先輩’s Voice!

久留米大学は、図書館や情報教育センター、ピアノ練習室など設備環境が整っており、先生方との距離が近く、快適で充実した学生生活を送ることができます。
社会福祉の授業はどれも魅力的ですが、特に保育の授業は将来の自分像につながりやすく楽しいです。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


入試情報国際交流交通アクセス