ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > その他 > お知らせ > 情報社会学科“産産学”連携じゃがいもを入れる段ボールを企画しよう!

情報社会学科“産産学”連携じゃがいもを入れる段ボールを企画しよう!

“産産学”連携「マンガ ポテトキングと呼ばれた男 牛島謹爾」スピンアウト企画 段ボールを企画しよう!

(株)ダイコー×(株)梓書院×久留米大学文学部情報社会学科「活字メディア実習演習」のプロジェクト、「じゃがいもを入れるパッケージ(段ボール)を企画しよう!」が12月より始動し、この度成果の一里塚として、実際に学生がデザインした段ボールが完成いたしました。段ボールは単純にものを入れるものではなく、「中に何が入っているのかを魅せるメディア」とした場合、大きな意味を持ちます。

本プロジェクトは、単にモノを作るだけではなく、広告、パッケージ、デザインさらには流通と、いわば徹頭徹尾な「コト」に昇華することを目的としています。

段ボール全体クレジット

連携企業概要

(株)ダイコー

創業:1973年
代表取締役社長:寺尾康輔
本社:福岡県小郡市、営業所:熊本県南区、海外デザイン室:フィリピン・マニラ
事業内容:段ボール、紙袋、手提げ袋、米袋、重包装袋、ニスコーターと言ったフレキソ印刷で使用される樹脂刷版(凸版)の製造とそれに付随するパッケージデザイン業務。
段ボール印刷の版作成では、九州で最大規模のシェアをしめる。
Webページ:株式会社ダイコー Facebookページ

(株)梓書院

創業:1972年
代表取締役:田村志朗
本社:福岡県福岡市
事業内容:図書の出版、Web関連事業、マンガ、電子ブック、デザイン・印刷、ブランド化戦略
出版社として、九州では現在もっとも古い。
Webページ:株式会社梓書院 Facebookページ

ご参考

今回の企画のもととなった、「マンガ ポテトキングと呼ばれた男 牛島謹爾」は、福岡県内主要書店、Amazonなどで販売しております。お問合わせは、梓書院(Tel:092-643-7075)まで。


入試情報国際交流交通アクセス