ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 文学部 > その他 > お知らせ > 教員紹介(白石義郎)

教員紹介(白石義郎)

白石先生トップ

1.スポーツ漫画を使った授業をされているとお聞きしたのですが、その理由は何ですか?

より正確にはスポーツ部活漫画です。スポーツ部活漫画は「成長物語」です。生徒はスポーツ部活を経験することで「成長」します。それは誰も取り替えることができない経験です。例えばスラムダンクという漫画では「バスケット」というスポーツを通して、多くの人の関わり合いや、成し遂げる力が非常に上手く描かれています。「面白くてためになる」それがスポーツ部活漫画です。

2.授業からどのようなことが学べるのですか?

課題発見と課題解決のプロセスです。言い換えれば問題意識です。問題意識からすべてが始まります。スポーツは常に課題を与えます。イチローや野村監督は常に問題意識を持ち、自らを上達させました。そのプロセスが学べます。

白石先生1

3.スポーツ漫画が教材として優れている点はどのようなところですか?

スポーツ漫画は感動させる力があります。それが物語のリアリティ性です。登場人物が実際に身体を動かして学び成長していく姿が描かれているスポーツ漫画は、成長を学ぶ大変良い学習教材だと思います。

4.授業を通して学生にどう成長してほしいですか?

何事に対しても問題意識を持って探究する力を身に付けてほしい。社会では「ただ人から指示された事だけを行う人材」は必要とされません。探究心を持って働く事が重要です。スポーツは「世界」へとつながる「どこでもドア」です。授業を通じて、ひいては世界の経済や政治などへの興味関心へとひろがればと思います。

白石先生2


入試情報国際交流交通アクセス