ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

5)生の看護、死の看取り

公開講座の画像

5)生の看護(みまもり)、死の看取り(みとり)

高齢者社会の進展とともに、医療の分野のみならず、介護や福祉サービスへの需要が高まっています。医療の分野における「看護り」・看護と同様に、介護や福祉の分野においても「看取り」・介護の必要性は、喫緊の課題となっております。
このような社会の課題に対応するように、厚生労働省は地域包括ケアシステムの構築を推進しています。医学はもちろん、心理学や哲学、宗教学の知見を学際的に用いて、「生きがいを持ち易い人生観」への転換と人生のあらゆる事象に価値を見出すように、心の健全性を守るための、「看護り・看取り」の場における臨床の知と実践を果たすことのできる基本の修得を学びます。
≪なぜ、臨床宗教師ではないのか?≫
臨床宗教師では、事故や災害などで生き残った人々の「慚愧の思い」はケアされないのです。「逝き遅れた人」として残りの人生を生きざるを得ない人々の思いを「看護り、看取る」作業が必要なのです。先に旅立った人を想い、残された人がその人の分まで力強く生きるための看護りが社会にとって重要な課題として残されているのです。

講演スケジュール

開講時間 A:10時~11時30分 B:11時45分~13時15分 C:14時15分~15時45分

会場:御井キャンパス御井本館 14A教室

 

 
演題講演者氏名所属講演日時間
生の看護り、死の看取り帆足 宗徹

臨済宗妙心寺派 
僧侶

6月30日
 
 
A
民間信仰論白川 琢磨

福岡大学 名誉教授

B
死生学波平 恵美子お茶の水女子大学 
名誉教授
C
カウンセリングウァルデマール・キッペスNPO法人 臨床パストラル教育研究センター 理事長7月28日
 
 
 A
仏教と医療中川 正法筑紫女学園大学
人間科学部 教授
 B
宗教間対話関 一敏九州大学 名誉教授 C
キリスト教とチャプレン清田 直人社会医療法人栄光会 栄光病院 
チャプレン・グリーフカウンセラー
8月25日
 
 
 A
グリーフケア原 頼子久留米大学医学部
看護学科 教授
 B
チーム医療福重 哲志久留米大学病院
緩和ケアセンター 
センター長
 C
スピリチュアルケア山口 勇人西日本宗教学会 
理事
9月22日
 
 
 A
ホスピタリティとケア萩原 修子熊本学園大学商学部 教授 B
精神保健学福山 裕夫久留米大学文学部 
教授
 C
価値の明確化ウァルデマール・キッペスNPO法人 臨床パストラル教育研究センター 理事長10月27日
 
 
 A
実践宗教学清田 直人社会医療法人栄光会 栄光病院 チャプレン・グリーフカウンセラー B
在宅緩和ケア齋藤 如由医療法人社団五雲堂 齋藤醫院 院長 C

受講料

7,560円

定員

100名

申込期間

6月15日(金曜日)