ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携センター > 公開講座 > 教養を深める > 13)日本のサービス業におけるインバウンド・アウトバウンド戦略

13)日本のサービス業におけるインバウンド・アウトバウンド戦略

公開講座の画像

13)日本のサービス業におけるインバウンド・アウトバウンド戦略

本講義では、主に食と観光に注目しながら、日本企業のインバウンドとアウトバウンドに関する戦略を紹介します。本講義を通して、食や観光に関わるビジネスについて、より深く考えていくための枠組みを学ぶとともに、いろいろな事例に触れながら教養を深めるきっかけを提供します。

講座スケジュール

会場:福岡サテライト(エルガーラオフィス 6階)

開講時間:18時~19時30分

演題講演者氏名所属講演日
 
「外食産業における東南アジアでの現地化」宮本 琢也
 
久留米大学商学部 准教授
 
6月29日(金)
「外食企業による海外進出の事例紹介
:九州の企業を中心に」
7月6日(金)
「ソーシャルメディアから紐解く観光地への
消費者ニーズ:その手法といくつかの分析例」
加藤 淳一久留米大学商学部 准教授7月13日(金)
「地域資源の掘り起こし:朝倉市の事例」藤村 まこと福岡女学院大学人間関係学部心理学科 准教授7月20日(金)

受講料

2,160円

定員

80名

申込締切

6月15日(金曜日)