ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地域連携センター > 活動報告 > これまでの活動一覧 > 教育プログラム「地域防災を担う人材の育成」を開催中です

本文


教育プログラム「地域防災を担う人材の育成」を開催中です

1日目「久留米市の豪雨災害と浸水対策」に関する講演を実施しました

10月31日に教育プログラム『地域防災を担う人材の育成~これから私たちにできること~』の初日を迎え、久留米市都市建設部河川課の髙田哲治様にご登壇いただきました。

「近年の豪雨概要」として、近年の久留米市内の降水状況について数値を基に報告があり、大雨特別警報が発令されるような雨量が発生する要因の一つとして気候変動による降雨の激甚化や都市化による土地利用の変化が挙げられることが説明されました。想定を上回るような雨量がもたらした久留米市内の浸水被害箇所や件数等についても報告され、現在私たちを取り巻く状況について学習しました。

「これまでの主な浸水対策」「現在と今後の浸水対策」では、久留米市内に埋設されている貯留管などの雨水貯留施設等の概要や、本学御井キャンパスグラウンドを雨水貯留施設とする計画が報告されました。また、今年の7月から運用された雨水流出抑制助成制度や内水ハザードマップ等について紹介され、一人ひとりが浸水被害の発生に備えて意識を向上していくことが重要であることが示されました。

pic1pic2

2時間の講演を終えた参加者からは、「市職員の方から最前線の現場の様子を伺い、また、少しの雨にも敏感になるほど苦慮されていることを知り、改めて浸水被害の恐ろしさを実感しました。」「さまざまな浸水対策を分かりやすく説明していただきました。自分にできることは何かを考えていきたいと思います。」などの声が寄せられました。

11月14日に「災害ボランティア活動と防災を担う人材育成」に関する講演を実施します

プログラム2日目となる11月14日は「災害ボランティア活動と防災を担う人材育成について」をテーマとして、久留米市総務部防災対策課の花田克善様、本学法学部の松田光司教授にご登壇いただく予定です。2日間の受講を前提としたプログラムではありますが、これから11月14日(土)の受講を希望される方は、以下よりお申込みをお願いいたします。

Web申し込みの方は、こちらをクリックして必要事項をご入力ください

申込方法等の詳細については、こちらをクリックしてご確認ください

 

今回のプログラムについて

本プログラムは、久留米市・朝倉市・大川市・大牟田市・小郡市・うきは市・筑後市・広川町・八女市・基山町・みやき町・高等教育コンソーシアム久留米といった多くの後援を得て、久留米大学を会場とする現地開催と同時に、Zoomのウェビナーを利用したオンライン開催というハイブリッド型で開催しています。なお、現地に来場された方にはサーモグラフィーカメラによる検温にご協力いただくなど、新型コロナウイルス感染対策を講じたうえで開催しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)