ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 6月 > 1. まずは開店の口上から ― コラム「久大軒」

1. まずは開店の口上から ― コラム「久大軒」


開店準備は整った。

しかし、何かが足りない。味付けやメニューではない。

そう、久大軒の「店主」を任された私自身の気構えのことだ。

 

地元のN新聞社から久留米大学に出向してきたおっさん記者。

何を隠そう、それが私だ。

 

ある日、隣席のおちゃめな部長から、つぶらな瞳で

「うちのホームページに何か書いてもらえんですかね?」と持ちかけられた。

断る理由もないので、つい軽く引き受けてしまった。

 

ふと思う。学長が怒り心頭になったらどうしよう…とか。

大学というアカデミズムの牙城で、

外部の人間が好き勝手に書いてもよいものなのか。

本当に懐の深いところだ。

ということで、久留米大学で見聞きしたことを

このコーナーに書き記すことにしました。

時には、出前さながらに、店外に飛び出して取材に行きます。

 

※次回は6月21日ごろの掲載です店主