ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 6月 > 2. 学食でできる国際貢献 ― コラム「久大軒」

2. 学食でできる国際貢献 ― コラム「久大軒」


「TABLE FOR TWO」、日本語だと「2人の食卓」。

おや? ジャズの名曲「TEA FOR TWO」に似ているなと思ったら違った。

 

対象となる定食や食品を買うことで、

1食につき20円の寄付金が発展途上国の子どもの学校給食になる国際貢献だ。

「20円」というのは、途上国で給食一食分を賄える額という。

2007年に日本でNPO法人が創設され、取り組みは食堂から始まった。

今では全国の700を超す企業・団体が参加。世界で14カ国・地域に広がっているとか。

 

趣旨に賛同した本学の御井キャンパスの学生食堂でも6月に提供されている。

16日までがハーブチキン、19日からは豆腐ハンバーグ(いずれも290円)。

学生や教職員以外の方も利用できるというから、多くの人に知ってほしい。

 

ヘルシーな学食を食べて国際貢献。まさに「食べるボランティア」だ。

法学部研究室や学生ボランティア組織の協力で実現し、2014年秋開始から7回目になる。

「TABLE FOR TWO」のホームページを開くと、

「地球はひとつの食堂だ、と考える。」という文字が世界地図上に浮かび上がる。

とても素敵なフレーズだし、これからも続くことを願う。

《 関心のある方は、本学のホームページをご覧ください 》

 

※次回は7月3日ごろの掲載ですハーブチキン