ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 10月 > 12. よみがえる木 ― コラム「久大軒」

12. よみがえる木 ― コラム「久大軒」


久留米大学に私が赴任したのは昨年9月。

この1年で、文系学部がある御井キャンパスは様変わりした。

 

丘の上にある白亜の御井本館は完成していたが、

隣接する古い建物2棟が取り壊され、そこは芝生の広場になった。

 

星野民藝(福岡県八女市)から今夏、

立派なテーブルとペン皿が大学に寄贈された。

御井キャンパスの整備工事に伴い、

平成25年に伐採されたケヤキが4年がかりで加工されたものだ。

 

工事は、整備対象の敷地にある木々の運命を変えた。

整備後の庭園に植栽するために残される木は「緑のテープ」が、

処分される木には「赤のテープ」がそれぞれ巻かれていた。

 

それを知った法学部のT教授は、伐採をしばらく待ってもらい、

家具製造会社などを探し、民芸家具で有名な星野民藝に掛け合った。

願いはかない、伐採木は廃棄されることなく、

テーブル3脚とペン皿170個として、姿を変えてよみがえった。

 

教授は「物の性(しょう)を尽くせ」と常日頃、おっしゃるとか。

 

その言葉通り、この世の物は、粗末にせず

それぞれの価値を発揮させるために存在するのだろう。

コラム久大軒

 

テーブル寄贈はこちら

久留米大学御井キャンパスはこちら

 

※次回は10月20日ごろの掲載です