ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 10月 > 14. グローバル ― コラム「久大軒」

14. グローバル ― コラム「久大軒」


連携と聞くと、地域や企業の取り組みがまず浮かぶ。

表にあまり出ないが、大学の連携も進んでいる。

しかもグローバルな。

 

久留米大学の国際交流のスタートは

1983年、米国の大学での海外語学研修からだとか。

今では、30近い海外の大学と学術交流協定を結んでいる。

 

ともすれば、協定というのは結ぶだけで

形骸化しがちだが、ここでの交流には実があるようだ。

 

その一つが、昨年11月に協定締結したエジプトのカイロ大学。

約20万8千人もの学生が学ぶ国立総合大学で、

文学部には40年以上の歴史を持つ日本語・日本文学科がある。

 

今年7月、中東・アフリカ地域での日本研究拠点を目指す

研究所がこの大学に創設されたのを記念するシンポジウムが

両校共催であり、国内外約10の大学の研究者が発表や講演をした。

 

世界に目を向けると、軍事力を背景にした紛争や緊張が続く。

こんな時こそ、文化や学術などの国境を越えた交流によって、

信頼や安定を生み出すソフトパワーが欠かせない。

大学が果たす役割は大きいと思う。地球儀

 

カイロ大学でのシンポジウム(報告)はこちら

国際交流の取り組みはこちら

 

※次回は11月10日ごろの掲載です