ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 11月 > 15. 宇宙は近い ― コラム「久大軒」

15. 宇宙は近い ― コラム「久大軒」


人類が初めて月面着陸した

アポロ11号をテレビで見たのが小学生の時だ。

 

夢のような出来事に目を見開いたが、

その後も宇宙に関する技術開発は曲折を経ながら、

人類貢献の名の下にさまざまな足跡を残してきた。

 

宇宙といえば、今月17、18両日、

日本宇宙航空環境医学会大会が久留米大学である。

歴史ある学会だそうだ。

 

宇宙空間では重力負荷がかからないので、

宇宙飛行士は筋肉や骨が寝たきり状態と同じぐらいに衰えるとか。

それを防ぎ、筋肉量を維持する「ハイブリッドトレーニングシステム」

という基本特許を同大は持っている。

 

臨床医学と宇宙医学をリンクさせて

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と相互に

研究成果をフィードバックする取り組みは15年になるそうだ。

 

大規模災害の情報を的確・迅速に収集するための人工衛星の利活用など、

宇宙研究の分野は、身近な課題にもつながっていることを知った。

 

地球もその一部ではあるけれど、

宇宙は近くにあるのだと気付かされる。

コラム久大軒

 

日本宇宙航空環境医学会大会はこちら

 

※次回は11月20日ごろの掲載です