ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2017年 > 11月 > 17. 母校自慢 ― コラム「久大軒」

17. 母校自慢 ― コラム「久大軒」


そろそろ忘年会の季節。

居酒屋やレストランは込み合うだろう。

 

政治、宗教、プロ野球。

忘年会に限らず、酒席で避けた方がよい話題と聞く。

酔って口角泡飛ばし、ケンカになりかねないからだ。

 

ついでに、もう一つあるとすれば、出身校か。

齢(よわい)を重ねるほど、同窓会が増える。

若かりし頃を思い出し懐かしむ仲間が欲しくなるのだ。

 

久留米大学附設と明善は、久留米市内の高校だ。

前者は私立、後者は県立だが、いずれも有名進学校だけに、

功なり名遂げた方々が少なからずおられる。

 

両校のOB同士が酒席でばったり出くわすと、

母校の自慢対決が始まるといううわさを聞きつけた。

真偽は定かでないが、気になるライバル、好敵手か。

結局、お互いを意識して仲が良いのかもしれない。

 

さて、今日は、久大軒を早仕舞い。コラム 久大軒

「孤独のグルメ」よろしく、巷(ちまた)を歩き回るとしますか。

 

久留米大学附設高等学校・中学校はこちら

 

※次回は12月12日ごろの掲載です