ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2018年 > 3月 > 26. 起業家育成 ― コラム「久大軒」

26. 起業家育成 ― コラム「久大軒」


ハンモックや観葉植物、雑誌などもある。

西鉄久留米駅ビルの飲食店街に

不思議な目立つ場所がお目見えした。

 

久留米大学の学生と大学院生9人からなる

「クルメドット」(略称メドット)が中心になり

運営する多目的スペース「メドットラボ」がそれ。

 

開設は午後3時~8時半(水曜と日曜定休)で、

3月末までと限定的だが、中学生から大学生まで利用可能とあって

1月14日のオープンから次第に利用者が増えているという。

 

久留米市の起業家育成事業の一環。

街に学生たちの居場所がないことに着目して、

この企画を考え付いたとか。

 

街を元気にするには、若者のパワーが欠かせない。

しかし、行動せずに身構えていては何も始まらない。

イベントもあるけど、まずは息抜きやおしゃべりの場に。

 

大人が固い頭で考えても、動員優先で一過性のイベントで終わりがち。

若者のアイデアと行動力が街の活気につながればよい。

 

9日(金)19時から、参加学生の成果発表会がある予定。

開設最終日の31日にも催しや発表会がある予定。コラム「久大軒」

 

「クルメドット」はこちら

 

※次回は3月20日ごろの掲載です