ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 千客万来「久大軒」 > 2018年 > 5月 > 31. イメージキャラクター ― コラム「久大軒」

31. イメージキャラクター ― コラム「久大軒」


どこもかしこも、「ゆるキャラ」ばやり。

久留米大学にはないだろうと思っていたら、

医学図書館にイメージキャラクターがあるので驚いた。

 

2015年に誕生した「イトアくん」と「医トぇもん」の二枚看板。

しかし、洋風と和風の全く異なるキャラ設定だ。

 

昨年11月の図書館総合展の図書館キャラクター・グランプリで

ダブル受賞し、図書課長のKさんは大いに歓喜した。

というのも、彼らの「生みの親」だからだ。

 

着任当時、学生の来館数が芳しくなく、

何とか増やそうと「くまモン」にヒントを得て考案した。

名刺や本のしおり、はんこなどで知名度アップを図っている。

 

Kさんは自ら「イトアくん」に変身する。

ネット注文した米国製のひげとかつら、自前の白衣、

久留米大学のマーク「久」を記したネクタイでばっちり決める。

今のところ、それほど出番は多くないが、

いつでも出動できるよう虎視眈々と待ち構えているのだ。

 

最大のライバルは筑波大学の「がまじゃんぱー」だとか。コラム「久大軒」

なかなか手ごわそうだ。

 

「医学図書館」はこちら

 

※次回は5月21日ごろの掲載です