ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高校生科学技術コンテストで本校生徒が活躍

 9月24日(日)午前10時から九州大学伊都キャンパスで平成29年度次世代の科学技術を担う人材育成事業高校生科学技術コンテスト・セカンドステージが行われ、6月11日(日)に行われたファーストステージにおける学校成績上位5校、本校と筑紫丘、福岡、明善、小倉の各県立高校が参加しました。各校で選抜した1,2年生8名(物理4名、化学4名)でチームを編成し、競技時間120分で物理実験及び化学実験(物理及び化学の各分野における基本的な実験及び工作)の競技を行いました。

 午後1時から高校生科学技術講演会として九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所准教授藤川茂紀先生が「二酸化炭素から考えるカーボンニュートラル社会実現への研究」の演題で講演されました。続いて表彰式が行われ、まずファーストステージ個人表彰で、本校からは数学・物理・化学・生物の最優秀者4名と数学2名・物理1名・化学2名・生物3名の優秀者が表彰されました。

 総合成績は、ファーストステージの学校成績(800点満点)とセカンドステージの成績(1200点満点)の合計で決定され、上位3校に対して表彰が行われました。
「優秀校」2校は、筑紫丘高校、明善高校、「最優秀校」は本校でした。

 その結果、本校は来年3月に開かれる第7回「科学の甲子園」全国大会の福岡県代表となりました。第2回以来6年連続の出場となる「科学の甲子園」全国大会での一層の活躍を期待します。

科学1  科学2
 写真1  物理実験競技                                             写真2  化学実験競技

科学3  科学4
写真3  ファーストステージ個人表彰              写真4  本校のファーストステージ個人表彰者と
                                                                                            セカンドステージ出場者

 

                     


学校説明会

教育振興基金のご紹介

学校紹介動画

教職員募集

同窓会