ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国際周期表年IYPT2019開会式典

1月29日(火)、フランス・パリのUNESCO本部で国際周期表年 The International Year of Periodic Table of Chemical Elements, IYPT 2019 の開会式典が開催されました。
世界中の若手研究者からノーベル賞受賞者までが登壇し、1869年にロシアの化学者メンデレーエフが最初に発明した周期表から今日の科学の到達点と課題まで、多彩な内容の式典となりました。
午後からの『PERIODIC TABLE AND EDUCATION OUTREACH』というセッションでは、イギリスの Sir Martyn Poliakoff 先生が『MENDELEEV'S GIFT TO EDUCATION』という講演をされ、周期表扇子や原子番号時計を紹介されるとUNESCO本部の大スクリーンに"Fusetsu School, Japan"の文字が投影されました。新しい周期表扇子はロシアの原子核物理学者Yuri Oganessian先生にも届けられました。
今年の国際周期表年には世界各国・地域で大小さまざまの記念イベントなどが開催され、12月5日には東京で閉会式典が予定されています。

  2    5  

  
  3    1

 

 


 

 

 



   

 


 


学校説明会

教育振興基金のご紹介

学校紹介動画

教職員募集

同窓会