ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

相談窓口について

 休学 | 復学 | 退学 | 再入学(大学) | 大学院 | お問合せ先

休学

病気その他のやむを得ない事情のため引続き3ヶ月以上修業できないときは、学長の許可を得て休学することができます。事前に学生課で相談内容を聞いたうえで、原則として学生本人・学生委員の教員・学生課職員の3者で面談を行います。面談終了後、「休学願」を学生課に提出してください。
(※病気の場合には状況に応じて対応します。また、医師の診断書の提出が必要となります。)

【休学手続き】

  •  学生課に連絡
  •  学生委員による面談
  •  保証人連署の「休学願」(大学所定用紙)の提出
  •  休学時在籍料の納入

(1)休学願提出期限

休学願提出期限

※休学願の提出前に学生委員の面談を要するため、早めに学生課へ連絡すること。

1年間または前期のみの休学願3月末日まで(原則)
後期のみの休学願9月末日まで (原則)
3ヶ月以上からの休学休学する1ヶ月前まで(原則)

(2)休学期間

  •  休学は、3ヶ月以上から可能です。
  •  休学期間は通算して4年を超えることはできません。

(3)休学する際の学費

休学願の手続きと同時に、休学期間満了までの学費を完納しなければなりません。

平成22年度以降入学者
1年間休学の場合在籍料120,000円
前期のみ休学の場合在籍料60,000円
後期のみ休学の場合在籍料60,000円
その他の期間月額10,000円の在籍料
平成21年度以前入学者
1年間休学の場合教育充実料153,000円
前期のみ休学の場合教育充実料153,000円(4月末納入期限)および
後期の学納金(10月末納入期限)
後期のみ休学の場合教育充実料153,000円+前期学納金(4月末納入期限)
その他の期間教育充実料153,000円(4月末)および休学期間以外の授業料
学費に関する詳細は、庶務課で確認してください。【Tel】 0942-44-2066

休学した場合は、休学期間満了の2ヶ月程前に、復学するかどうかの問い合わせをします。

 

復学

休学者が復学を希望する場合は、休学期間満了前の問い合わせにより復学願を提出し、教授会の承認を得て復学することができます。10月復学の場合は、9月中旬から後期の授業が始まるので注意してください。

 

退学

やむを得ない理由で退学を希望する場合は、次の手続きを行い、教授会の承認を得る必要があります。

【退学手続き】

  •  学生課に連絡
  •  学生委員による面談
  •  保証人連署の「退学願」(大学所定用紙)の提出
  •  学生証の提出(学生証の返却)
  •  退学期日を含む学期までの学費の納入

【退学期日】

  •  前期末退学の場合は9月30日付、後期末退学の場合は3月31日付とします。

 

再入学(大学)

やむを得ず退学又は除籍となった方が、再入学を願い出た場合には、事情を審査のうえ相当年次に再入学を許可することがあります。

  •  再入学の願い出ができる期間は、原則として離籍した日から2年以内です。
  •  再入学願(大学所定用紙)は、再入学を希望する学期の開始2ヶ月前までに提出しなければなりません。

 

大学院

大学院生が、休学・復学・退学・再入学をする場合は、学生課で所定の様式を受け取り、指導教員の承認(署名・捺印)を得た上で、学生課に提出してください。

休学・復学・退学の場合は1ヶ月前までに、再入学の場合は2ヶ月前までに書類を提出してください。

 

お問合せ先

御井キャンパス学生課【Tel】 0942-44-2712

デジタルパンフレット
受験生用Line公式アカウント