ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医学研究科 > 共通)【ご案内】10/24(火)TV講義配信について

共通)【ご案内】10/24(火)TV講義配信について

下記のとおり、TV講義が実施されますのでお知らせします。

-------------------------------------------------------------------

【日 時】平成29年10月24日(火)18:00~19:00

【タイトル】「医学研究において求められる利益相反管理について」

【講 師】飯田 香緒里
東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部
教授・産学連携研究センター長

【場 所】久留米大学病院 総合診療棟 4階
共同カンファランス

《ご視聴に関するお問い合わせ》 産学官連携推進室(橋本)まで
メール:hashimoto_junko@kurume-u.ac.jp
電 話:0942-31-7917
内 線:2262


詳しくは下記をご参照ください。
下記の講演会を久留米大学へ中継いたします。
================================

九州大学病院ARO次世代医療センターでは、東京医科歯科大学 統合研究
機構 産学連携研究センター長の飯田香緒里先生を講師にお招きしまして
講演会を開催致します。
皆様のご来聴を心よりお待ち申し上げます。


1.日 時:
平成29年10月24日(火)18:00~19:00

2.場 所:
九州大学 病院キャンパス ウェストウィング2階 臨床小講堂2
http://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/access/index.html

3.演者:飯田 香緒里
東京医科歯科大学 統合研究機構 イノベーション推進本部
教授・産学連携研究センター長

4.講演タイトル:「医学研究において求められる利益相反管理について」

2013年、我が国の複数の大学において実施された高血圧治療薬に関する
臨床研究論文が撤回されるという事例が生じた。当該事例を契機に、我が国
の臨床研究の実施体制や研究倫理体制と並んで、利益相反管理体制につい
ての見直しや体制強化は、喫緊の課題となっている。そのような中、2017年
4月に成立した臨床研究法では、臨床研究を実施する研究者には利益相反
管理義務が生じることも決定している。利益相反管理は、産学連携活動が
社会、患者、被験者からの疑念や誤解が生じないよう予防・回避するという
意義はもちろん、最先端の研究を守るという要素を多分に持つ。利益相反
管理の目的と必要性を振り返りながら、個々の研究者に求められる利益相反
管理の在り方・モデルを紹介する。

5.司会:
九州大学病院 ARO次世代医療センター センター長 中西 洋一
九州大学大学院医学研究院 次世代医療研究開発講座 教授 杉山 大介

6.参加費:無料

7.申込み:不要

主催:九州大学病院ARO次世代医療センター
共催:九州大学先端融合医療創成センター ARO橋渡研究推進部門
  九州大学大学院医学研究院 次世代医療研究開発講座

問合わせ先:
九州大学先端融合医療創成センター ARO 橋渡研究推進部門
(鶴屋・川口・岩崎・麻生)
Tel:092-642-4802 Fax:092-642-4528
E-mail:nw-info@med.kyushu-u.ac.jp