ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学生生活情報

~ 目次 ~
 
困ったときは・・・・

  1. オフィスアワーについて
  2. 教務・学務事務に関する相談

IPアドレス利用登録について
学生自身の健康を守るために・・・

  1. 大学病院・医療センターにおける医療費補助について
  2. 保健室・相談室の利用について

医学図書館・御井図書館の利用について

  1. 入館時必要とするもの(御井図書館、医学図書館共通)
  2. 開館時間
  3. 休館日医学部 教育1号館
  4. 図書館でできること

各種証明書発行について
更なる研鑽を積むために・・・

  1. 国内留学
  2. 国内出張
  3. 海外留学
  4. 海外渡航

教育研究活動のアクシデントに備えて(学研災保険加入案内)

  1. 加入方法
  2. 加入期間
  3. 給付
  4. 保険料(保険料分担金)
  5. 国内留学・海外留学など、学外で長期的に研究活動を継続する方へ

困ったときは・・・・

1. オフィスアワーについて

  授業内容や大学院生活全般に関する学生の質問・相談に応じるための時間として、オフィスアワーを設定しています。各教員にオフィスアワーの時間を設けていますが、都合(学会に出席、海外出張等)により不在の場合もあります。その場合は、直接教員の都合を確認してください。
オフィスアワー 詳細はこちら

2. 教務・学務事務に関する相談

  久留米大学大学院医学研究科の教務・学務事務は医学部事務部教務課を主管として行っています。相談事項があれば、直接医学部事務部教務課へご連絡ください。また、講座等を通じて質問していただいて結構です。
時間:8時30分~17時00分(昼休み:12時00分~13時00分)
(必要であれば、昼休み・17時00分以降も相談をうけるが、事前に連絡のこと)

 なお、改姓(名)、現住所の変更、社会人学生の勤務先の変更などは、事案発生後直ちに報告してください(一部書式は本ホームページからダウンロード可能)。
カリキュラムに関する情報は、本ホームページなどでリアルタイムに提供しておりますが、不明な点があれば、気軽に医学部事務部教務課にご相談ください。

IPアドレス利用登録について  

久留米大学大学院医学研究科は本学旭町キャンパスに開設されていますが、同キャンパスは学内ネットワーク(学内LAN)が整備されております。これらのネットワークにアクセスするためには、IPアドレスの取得が義務付けられており、入学時に各人に付与しています。これらについては既に取得している方を除き、大学院学生として医学部事務部教務課が一括登録するようにしています。
なお、IPアドレスは学内Webメールを利用される際にも必要です。Webメールは医学情報教育用システム室の画面から利用できます。
医学情報教育用システム室

学生自身の健康を守るために・・・

1. 大学病院・医療センターにおける医療費補助について

  大学院生は、本学大学病院・医療センターにおいて、医療費補助の特典があります。受診の際は、保険証とともに学生証を提示して、一旦支払いをお願いします。その後、翌月に還付を受ける手続きを医学部事務部教務課にて行うようにしてください。
なお、手続きに際し、病院発行の領収書、振込先銀行通帳等をご準備していただく必要があります。還付申請書は医学部事務部教務課に準備しています。

2. 保健室・相談室の利用について

  医学部B棟1階には保健管理センターがあり、保健・健康相談を行っています。

医学図書館・御井図書館の利用について

医学図書館本学には御井キャンパスに御井図書館、旭町キャンパスに医学図書館を設置しています。この施設を利用する場合は、入館時に学生証が必要となります。また、両施設とも施設利用規則等を遵守するとともに、各図書館員の指示に従うようにしてください。
なお、図書の延滞は自身に不利益を被ることになるので厳に慎しむようにしてください。

1. 入館時必要とするもの(御井図書館、医学図書館共通)  

学生証

2. 開館時間

月曜日~金曜日 8時30分~21時00分
土曜日・日曜日 10時00分~17時00分 (8・9・1・2月 11時00分~18時00分)

3. 休館日  

(1) 国民の祝日
(2) 特別休日(8月15日)
(3) 年末(12月29日~31日)・年始(1月2日~3日)
* 臨時に開館時間を変更・休館等するときは、そのつど掲示します。

4. 図書館でできること

  • 資料の貸出利用(禁帯出除く)
  • 各種データベースの利用
    (図書館ホームページよりアクセス。リモートアクセス可のものもあり)
  • マイライブラリサービス(詳細)
  • 閲覧室の利用(AV資料閲覧、インターネット利用等含む)
  • 相互貸借利用(久留米大学に所蔵がない資料の他大学への複写・貸借依頼)
  • 談話室の利用

図書館ホームページにはデータベースバージョンアップ情報、利用方法の変更等を随時掲載しております。各種データベース、電子ジャーナルへのアクセスもこちらからとなっております。また、月1回発行の図書館ニュースにも電子ジャーナルのアクセス方法等、いろいろな情報やエッセイなどを掲載しております。図書館ニュースは図書館ホームページからアクセスできます。是非、ご活用ください。

各種証明書発行について

医学部事務部教務課にて定期券発行のための通学証明書、学会出張や旅行等のための学割証、在学証明書、成績証明書、修了(見込み)証明書の発行を行なっているので、必要な場合申し込みをお願いします。なお、作成には2~3日、場合によっては数日必要となるため、余裕を持って申し込みをお願いします(英文証明書は一週間程度必要)。

※ 学外からの依頼の場合、

  1. 必要な書類の種類
  2. 発行希望枚数
  3. 返信用封筒(切手を貼ること。要記載:返送先住所と氏名)
  4. 発行に必要な手数料(郵便・普通小為替)
  5. 本人確認のできるもの(運転免許証など写真付き証明書のコピー)
  6. 本件に係る連絡先等を明記の上、医学部事務部教務課へ郵送してください。

更なる研鑽を積むために・・・

国内留学・国内出張・海外留学・海外渡航(学会等による短期渡航)の手続き

1. 国内留学

  国内留学(研究委託)を行う場合は、受入先大学院指導教授との協議を事前に済ませ、本学指導教授の承認の元、必要書類を提出していただく必要があります。この場合、受け入れ先大学院と本学大学院との間に学生の交換協定を締結しているか否かで手続きの方法は異なります。協定締結をしている場合は、特別研究学生・特別聴講学生として派遣しますが、協定締結をしていない場合は、研究指導委託生として派遣します。
また、協定を未締結の大学について、受入側大学が協定締結可能であれば、交換協定締結の手続きと同時に派遣手続きを行います。
なお、いずれの場合も派遣期間は原則1年(年度は原則またぐことはできない)ですが、研究の進捗状況により、複数年も可能です(要手続き)。全ての手続きは、大学院医学研究科委員会の承認が必要ですので、派遣開始希望日までに全ての手続きが終わるように準備願います。(必要な様式は本ホームページからダウンロード可能)
また、帰学後1週間以内に「帰学届」を医学部事務部教務課に提出してください。

現在協定を締結している大学院一覧 ―特別研究学生相互派遣(交換)協定-

研究科名協定締結期間
福岡大学大学院医学研究科平成14年4月1日~継続中
九州大学大学院医学系学府平成15年10月1日~継続中
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科平成15年10月1日~継続中
神戸大学大学院医学系研究科平成16年1月1日~継続中
徳島大学大学院医科学教育部平成16年4月1日~継続中
九州大学大学院数理学府平成16年6月1日~継続中
北海道大学大学院医学研究科平成17年4月1日~継続中
山形大学大学院医学系研究科平成18年4月1日~継続中
富山大学大学院医学薬学教育部(医学系)平成20年2月13日~継続中
宮崎大学大学院医学系研究科平成20年4月1日~継続中
九州大学大学院薬学府平成20年10月1日~継続中
鹿児島大学大学院理工学研究科平成21年4月1日~継続中
愛知学院大学大学院歯学研究科平成23年4月1日~継続中
熊本大学大学院医学教育部平成23年9月30日~継続中
鳥取大学大学院連合農学研究科平成24年4月1日~
平成27年3月31日
大阪大学大学院医学研究科平成25年4月1日~  
 平成30年3月31日(更新あり)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科平成25年8月1日~継続中
広島大学大学院医歯薬保健学研究科平成25年8月1日~継続中
日本大学大学院医学研究科平成26年1月6日~継続中
新潟大学大学院医歯学総合研究科平成27年4月1日~継続中

九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン協定締結校一覧

締結期間:平成24年5月21日~平成29年3月31日

  • 久留米大学大学院医学研究科
  • 産業医科大学大学院医学研究科
  • 福岡大学大学院医学研究科
  • 福岡県立大学大学院看護学研究科
  • 佐賀大学大学院医学系研究科
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科
  • 熊本大学大学院医学教育部
  • 熊本大学大学院保健学教育部
  • 大分大学大学院医学系研究科
  • 宮崎大学大学院医学獣医学総総合研究科
  • 宮崎大学大学院医科学看護学研究科
  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
  • 琉球大学大学院医学研究科
  • 九州大学大学院医学研究院
  • 九州大学大学院薬学研究院

―協定締結外で学生を受入・派遣した大学一覧(実績)-

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科

  ※ 過去2年以内の実績のみ掲載

2. 国内出張

  大学院学生が短期間の学会等による国内出張を行う場合、その出張内容について大学院の長である研究科長に内容を報告し、了承を得る手続きが必要となっています。この様式は、本ホームページからダウンロード可能です。提出先は医学部事務教務課となっています。
なお、提出に際しては、できる限り出張内容が分かる資料のコピー等を添付してください。

3. 海外留学

大学院学生が中・長期的に海外で研究活動を行う場合、必要な手続きを経て、大学院医学研究科委員会で承認を得なければなりません。必要な書式は本ホームページからダウンロード可能です。提出の際は、受入側大学の承諾書(それに類するメールのコピーでも可)が必要です。また、離学日前までに大学院医学研究科委員会の承認を得る必要があるため、手続きについてご留意願います。なお、帰学後1週間以内に「帰学届」を医学部事務部教務課に提出してください。

4. 海外渡航

大学院学生が短期間の学会等による海外出張(渡航)を行う場合、その出張内容について大学院の長である研究科長に内容を報告し、了承を得る手続きが必要となっています。この様式は、本ホームページからダウンロード可能です。提出先は医学部事務教務課となっています。また、提出に際しては、必ず出張内容が分かる資料のコピー等を添付してください。なお、帰学後1週間以内に「帰学届」を医学部事務部教務課に提出してください。

教育研究活動のアクシデントに備えて(学研災保険加入案内)

大学院医学研究科学生教育研究災害傷害保険(任意)の加入について 大学院医学研究科では、教育・研究上のアクシデントに対する補償制度として、財団法人 日本国際教育支援協会が実施している「学生教育研究災害傷害保険」の募集を行っております。募集は任意加入ですので、希望する学生は、医学部事務部教務課:学研災担当までお申し出ください。なお、保険の内容については下記を参照してください。また、申込の際は保険加入料を添えて申し込みください。
また、現在申込みを行われた方は卒業年次まで加入していますので、年度ごとの申し込みは不要です。ただし、在学期間延長者については年度ごとの申し込みが必要ですのでご留意ください。募集は年度当初に行っています。なお、年度途中からの申し込みも可能です。
なお、加入後何らかの給付対象事案が生した場合、速やかに医学部事務部教務課まで報告してください。

1. 加入方法

任意による個人加入としています。
(医学部事務部教務課窓口で申込受付)

2. 加入期間

本人大学申込日翌日の午前0時 ~ 卒業年次の3月31日午後12時

3. 給  付(2000万円コース)  

学生教育災害傷害保険普通保険

死亡の場合 (最高2000万円) 後遺傷害保険 (120万円~3000万円)但し、死亡保険と後遺傷害保険の重複支給はない。 医療保険金 (支払保険金は最高270日を超える治療を受けた場合30万円。入院加算金は1日につき4000円)

通学中等傷害危険担保特約(付帯)

死亡の場合 (1000万円) 後遺傷害保険 (60万円~1500万円)但し、死亡保険と後遺傷害保険の重複支給はない。 医療保険金 (支払保険金は最高270日を超える治療を受けた場合30万円。入院加算金は1日につき4000円)

4. 保険料(保険料分担金)

保険料(掛金)適用区分
保険期間昼間部夜間部通信
教育
通学中等傷害
危険担保特約
接触感染
予防保険金
支 払 特 約
昼間部・
夜間部(※)
通信
教育
1年間650円100円100円350円40円20円
2年間1,200円200円550円40円
3年間1,800円300円800円50円
4年間2,300円400円1,000円70円
5年間2,800円500円1,250円80円
6年間3,300円-1,400円100円

(保険料参考)
学生教育災害傷害保険普通保険に通学中等傷害危険担保特約を付帯した場合

修士課程

  • 1年生(2年間) 1,750円
  • 2年生(1年間) 1,000円

博士課程

  • 1年生(4年間) 3,300円
  • 2年生(3年間) 2,600円
  • 3年生(2年間) 1,750円
  • 4年生(1年間) 1,000円

5. 国内留学・海外留学など、学外で長期的に研究活動を継続する方へ  

大学院医学研究科学生が、国内留学・海外留学など学外で長期的に研究活動を継続する場合は、不慮の事故等に備え、この学研災に加入しておくことを強く勧めます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)